大相撲7月(名古屋)場所は、横綱・白鵬(宮城野部屋)が14勝1敗で35回目の優勝を果たした。千秋楽の結びの一番で鶴竜(井筒部屋)との横綱決戦を制して、2場所ぶりの賜杯だった。今場所が2場所連続の休場明けとなった鶴竜も、場所前の不安を吹き飛ばす13勝2敗と充実。やはり、横綱が強いと場所が引き締まることを改めて示した15日間だった。

 1998年以来、17年ぶりに15日間すべて満員御礼となった盛況の名古屋。土俵にさらなる活気を与えたのが、強い横綱2人に土を付けた関脇・栃煌山(春日野部屋)だ。9日目に鶴竜を一気に押し出すと、翌10日目には過去29回の対戦で1回しか勝っていない白鵬に思い切りのいいはたき込みで両手をつかせた。この時点で両横綱、新大関の照ノ富士(伊勢ヶ浜部屋)と優勝争いのトップに並び、何かに目覚めたかのような快進撃は、06年1月場所の栃東以来となる日本出身力士の優勝への期待も抱かせた。

 終盤に失速し、結局10勝5敗に終わったが、12年9月場所以来2度目の殊勲賞に輝く活躍だった。そして、この28歳の関取が覚醒した裏側には、立ち合いの大胆な改造があった。

 師匠の春日野親方(元関脇・栃乃和歌)が経緯を明かす。「シンプルにした。考えないでシンプルにしろって、前から言ってきたんだけど、それがやっと身についてきた」。

 これまで栃煌山の立ち合いは仕切り線から離れ、顔を上下動しリズムを取りながら、やや中腰気味で前ににじり出るように相手にぶつかっていた。これを「シンプル」に変えた。顔の上下動をなるべく抑え、にじり出るのではなく、腰をしっかり下ろして一気に踏み込むように改造したのだ。

 相撲は勝敗の8割が立ち合いで決まると言われるほど、それをいかに制すかが大きなポイントになる。師匠が言うように以前から指導されてはいたが、本格的に着手したのは、名古屋場所前から。岩友親方(元幕内・木村山)が付きっきりで指導した。場所中も全体の稽古が終わってから、2人で新たなフォームの改造に汗を流した。結果、今までよりも低く相手に当たれるようになり、これまで以上に力が相手に伝わるようになった。栃煌山の武器は、立ち合いの突進力とおっつけ気味の形からもろ差しになる速攻だ。フォームの改造で、より低く強い立ち合いを身につけたことが「覚醒」につながったのだ。

 まだまだ新フォームは、発展途上だろう。ただ、短期間で結果を出した背景には春日野部屋の指導システムがある。春日野親方は「今、オレは力士にはあまり直接、言わないようにしているんだ」と語る。理由は充実した指導陣にある。部屋には、師匠が現役時代に指導した部屋生え抜きの岩友親方、元小結・栃乃花の二十山(はたちやま)親方、元関脇・栃乃洋の竹縄親方、元幕内・栃栄の三保ヶ関の4人と他の部屋から転籍した富士ヶ根親方(元小結・大善)、待乳山(まつちやま)親方(元小結・播竜山)の6人の親方がいる。ひとつの部屋で6人もの親方を抱えるのは春日野部屋だけで、最多数だ。

 こうした状況に師匠は、具体的な指導は親方衆に任せることを決断。特に4人の生え抜き親方は、自らが指導してきた弟子だけに、自分が力士に対して言いたいことを言わずとも理解している。さらに年齢も若い親方衆は、より親身になって力士に指導できると判断したという。いわばプロ野球でいえば、師匠が監督で、親方衆はコーチと言える。

「どの関取を誰が指導するかまでは決めていないけど、その都度、特定の力士を指導する親方が毎日の稽古の流れで決まっている」と師匠。ともすれば、船頭多くして船山に登るとなってしまいがちだが、今回、岩友親方が栃煌山を指導して結果を出した。また、ケガで三役から幕下まで落ちて、再び幕内に戻ってきた栃ノ心の復活を見ても、師匠が厳しく目を光らせている春日野部屋に限っては、そんな懸念は当たらないだろう。

 監督の意図を汲み取って、コーチが直接動く。これほど効率的で徹底した指導ができるのは春日野部屋ならではだ。実は、かつての相撲界はそうだったという。以前、先代の東関親方で元関脇・高見山の渡辺大五郎さんに聞いたことがある。

「私が入門した時の高砂部屋には、親方がたくさんいて新弟子にしこだけを教える親方とか、指導する役割が分かれていたんですよ」。今は渡辺さんが入門した時よりも、部屋の数が倍以上に増えて部屋付きの親方が減り、こうした部屋は少なくなった。春日野部屋は古き良き相撲部屋の指導システムを今に甦らせているとも言える。

 栃煌山の活躍は部屋の総力を結集した賜物でもあった。「もったいない相撲が多かった」。10勝5敗の結果に反省しきりだった栃煌山。ただ、三役3場所で33勝以上という大関昇進への起点を作ったことは事実だ。数多くの関取と稽古できる8月の夏巡業で、改造した立ち合いはさらに磨きがかかるだろう。28歳になっても進化できる姿は、他の力士にも刺激を与えたはず。9月にさらに飛躍し11月の九州で大関へ一気に駆け上がる......その確率はそう小さくないはずだ。

松岡建治●文 text by Matsuoka Kenji