©2015フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社

写真拡大

本作には多くの細やかな見どころがあるが、冒頭、映し出される久利生公平の部屋はその筆頭と言えるだろう。この部屋は昨年放映された連続ドラマ、すなわちシーズン2では登場しなかった。

映画『HERO』予告編動画を見る

つまり、久利生のプライベート空間は明るみになるのは、2007年の劇場版第1作以来、実に8年ぶりのこと。40代を迎えた久利生はどんなふうに暮らしているのか。シリーズのファンなら気になるところだが、主演、木村拓哉の狙いは別なところにあった。

この場面は、木村の発案によるもの。事件の幕開けと共にひとりの女性が交通事故死するところから、映画は始まる。その様は鮮やかだが、同時にかなり陰惨でもある。

木村は、「なんでもない」情景から、本作がスタートさせたかったという。

「なんでもない」人間の、「なんでもない」日常。おそらく、それを大切にしたいということだろう。

久利生は特別な能力を持っているわけではない、あくまでも普通の人間。そして常に、被害者の立場に立って事件に取り組む。これは『HERO』の基本中の基本。その原点を、久利生の寝起きに託しているのだ。

撮影現場ではまったくと言っていいほど、モニターを覗かない木村だが、このシーンだけは別。定点カメラでひとり芝居を追うということもあり、映像を見据えた上で臨んでいた。

また、まだセットが完成する前、別な撮影の合間に、美術監督が持ってきた久利生部屋の図面を見たときの、うれしそうな表情は忘れがたい。やはり、心底、現場が好きな、もの作りを愛する俳優なのだと思った。

本番の撮影では、水を得た魚のように、実にのびのびと、部屋のなかを歩きまわり、久利生ならではの朝の時間を創り出していた木村。たったひとりのセッションワークから、城西支部の面々や雨宮舞子には決して見せない久利生公平の顔が生まれた。

木村自身、「こっぱずかしい」と吐露するこのシーン。何度でも、凝視するべし。