全国ご当地ソース人気投票ランキング

写真拡大

 ソフトブレーン・フィールドは、レシートポータルサイト「RECEIPO(レシーポ)」で7月7日〜7月13日にかけて「全国ご当地ソース人気投票」を実施し、その結果を公開した。

 今回は、地域によって味の好みが異なるため生じる「ご当地ごとの売れ筋の違い」に着目し、テーマとして「ソース」を取り上げ、全国の消費者に好みのソースについての人気投票を実施した。

 その結果、全投票数3,335票のうち、最も票を集めたブランドは「ブルドック」で1354票(40.6%)、次は「オタフク」で952票(28.5%)、3位は「カゴメ」で398票(11.9%)、4位は「イカリ」で233票(7.0%)、5位は「コーミ」で139票(4.2%)という結果となった。

 人気ランキングの結果を投票者の出身地別に見ると、各都道府県で1位を獲得したブランドは東西で傾向が大きく異なり、「ご当地」ごとに好みのブランドがくっきりと分かれた。

 まず、北海道から長野までの東日本では、好みのブランド1位は「ブルドック」一色だったのに対し、滋賀から九州までの西日本では「オタフク」が人気を集めた。更に、福井県と富山県の北陸2県では「カゴメ」が1位を獲得。静岡県も「カゴメ」が1位となり、全国で4位の「イカリ」は和歌山県、徳島県、佐賀県、宮崎県、沖縄県といった西日本エリアの一部で「オタフク」を抑え1位となった。一方、愛知県、岐阜県、三重県の中部エリアでは全国で5位だった「コーミ」が1位を獲得している。