写真提供:マイナビニュース

写真拡大

多くの映画館で、毎月1日に1100円をはじめ、さまざまな割引サービスが行なわれているが、クレジットカードでも映画料金の割引を受けられる場合があることはご存知だろうか?

○TOHOシネマズで優待が受けられる「シネマイレージカードセゾン」

まずはTOHOシネマズで優待が受けられる「シネマイレージカードセゾン」。映画を有料で観るたびに鑑賞ポイントが貯まり、6ポイント貯まると1本無料で鑑賞できるサービスがある。さらに、毎週火曜の「シネマイレージデイ」は、1400円の会員価格でチケットが購入可能(会員本人のみ)。また、本編上映時間1分につき1マイルも貯まり、1000マイルでポップコーンSサイズまたはドリンクSサイズ、6000マイルで好きな劇場の1カ月フリーパスポート(六本木ヒルズは9000マイル)などに交換できる。

「シネマイレージカードセゾン」にはMasterCardとアメリカン・エキスプレスの2種類があり、前者は年会費が初年度無料、2年目以降も前年に1回でもショッピングまたはキャッシングの利用があれば無料。アメリカン・エキスプレスの場合は年会費3240円となる。また、クレジット機能なしの「シネマイレージカード」もあり、こちらは初年度年会費500円、2年目以降は更新時に300円。なお、TOHOシネマズでは、毎月14日の「TOHOシネマズデイ」は1100円、毎週水曜の「レディースデイ」は女性1100円となるサービスも実施されており、こちらはカード会員以外も利用できる。

○イオンマークのついたクレジットカードは、イオンシネマで優待

「イオンカードセレクト」をはじめとするイオンマークのついたクレジットカード(すべて年会費無料)は、イオンシネマで優待を受けられる。一般通常料金のチケットは、同伴者1名まで300円引き(イオンシネマ弘前は200円引き)。毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は、会員本人に限り1100円。劇場窓口および券売機、オンライン予約システム(e席リザーブ)のいずれで購入しても割引対象となる。

このほかにもイオンシネマでは、毎週月曜の「ハッピーマンデー」は1100円、55歳以上は「ハッピー55(G.G)」として毎日1100円、平日朝1回目に上映される作品は「ハッピーモーニング」として1300円、毎日20時以降に上映される作品は「ハッピーナイト」として1300円といった割引サービスも実施。これらはカード会員以外にも適用される。

○複数の映画館をまたいで優待を受けられる「エポスカード」

複数の映画館をまたいで優待を受けられるのは「エポスカード」(年会費無料)。ユナイテッド・シネマ、シネプレックス、イオンシネマは、優待サイト「エポトクプラザ」からのチケット購入で1300円(枚数制限なし)。15年9月末日までは、キネマ旬報シアター(同伴者1名まで)、チネチッタ(会員本人のみ)は、当日窓口でのカード提示で300円引き、ヒューマントラストシネマ有楽町は3日前から窓口で購入するチケットが1400円(会員本人のみ)となる。

○「クラブオフ」のサービスが利用できるカード

京王グループ系列の「京王パスポートVISAカード」や、ガソリンスタンドのエッソ・モービル・ゼネラルと提携した「シナジーカード」、TSUTAYAが発行する「Tカード プラス」など、「クラブオフ」のサービスが利用できるカードなら、MOVIXおよび松竹系映画館、イオンシネマ、109シネマズ&ムービル、T・ジョイがそれぞれ1300円。MOVIXおよび松竹系映画館は1回の申し込みにつき6枚まで、その他は枚数制限なしで利用可能。新作映画の前売券も優待価格で購入でき、いずれも事前の申し込み、発券が必要。また、月額540円のVIP会員になれば、一部映画の前売券の割引率もアップする。

○セゾンカードおよびUCカード

セゾンカードおよびUCカードの会員は、月324円(初月無料)の有料サービス「トク買」に加入すると、TOHOシネマズは1500円、イオンシネマ、ユナイテッド・シネマ、シネプレックス、109シネマズ&ムービル、ヒューマックスシネマはそれぞれ1300円になる。いずれも枚数制限はないが、事前に申し込み、発券が必要。また、前売り券が優待価格で購入できる映画もある。しかも8月末日までは映画半額キャンペーン中で、イオンシネマ、MOVIXおよび松竹系映画館、ユナイテッド・シネマ、シネプレックス、109シネマズ&ムービル、T・ジョイがそれぞれ900円。TOHOシネマズも1100円だ。

○楽天の女性向けカードである「楽天PINKカード」

楽天の女性向けカードである「楽天PINKカード」(年会費無料)も、月324円の有料サービス「ライフスタイル応援サービス」に登録すると、「トク買」とほぼ同様の優待を受けることが可能。初回申し込み時は最大2カ月無料となっている。

○ジャックスが発行する一部のカード

ジャックスが発行する一部のカードは、「J'sコンシェル」というサービスが利用でき、こちらも「トク買」とほぼ同様の優待を受けられる。対象となるカードは、「横浜インビテーションカード」、「美otopeカード(ビオトープカード)」、「ジャックスカードゴールド」など、年会費無料のものからゴールドカードまで様々だ。

○「エムアイカード」「ハマエコカード」

このほかにも三越伊勢丹系の「エムアイカード」なら角川シネマ新宿、シネマート新宿、テアトル新宿、新宿武蔵野館、K’sシネマ、立川シネマシティなどで、横浜市営交通の「ハマエコカード」ならブリリアショートショートシアター、イオンシネマ港北ニュータウン、横浜にぎわい座、横浜ブルク13で割引を受けられるなど、特定地域や系列の映画館で優待が受けられるクレジットカードもある。普段利用する映画館があるなら、こうしたクレジットカードを探してみるといいだろう。

なお、各優待とも一部の劇場や作品では、対象外や追加料金が必要になる場合もある。公式サイトなどで詳しい条件を確認してから利用しよう。

公式サイトは以下の通り。

シネマイレージカードセゾン

イオンカードセレクト

エポスカード

J’sコンシェル

トク買

楽天PINKカード

(※クレジットカードの用語などは以下を参照)

『シーンで選ぶクレジットカード活用術 (1) 最低限知っておいてほしい基礎知識』

※本記事で紹介したサービス内容は、消費税率8%を前提とした更新日時点の情報です。また、各サービスには一部対象外となるケースがあります。ご利用の際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。
<著者プロフィール>

タナカヒロシ(ライター・編集者)

普段は音楽やエンタメ関係の仕事が多いが、過去に勤めていた会社の都合でクレジットカード本を作ったことをきっかけに、クレジットカード、電子マネー、ポイントなどに詳しくなる。以降、定期的にクレジットカードのムック本を編集・執筆。2015年3月発売の『最強クレジットカードガイド2015〜本当にトクするカードの選び方・使い方〜=写真=』(角川マガジンズ)では、編集統括および記事の大部分を執筆している。

(タナカヒロシ)