夏の外回り、汗だくになっても安心の「化粧もちを良くする」メイク術とは?

写真拡大

 夏といえば汗。汗といえばメイク崩れが気になる季節だ。この季節、毎日メイク崩れを防ぐために奮闘している人も多いだろう。しかし、少しコツを覚えるだけで、汗でドロドロになるという最悪の事態は避けられるのだ。

 そこで今回は「真夏日なのにこんな日に限って一日中外回り」という女性にとっておきの、化粧もちを良くするメイク術を紹介しよう。

 まず知っておきたいのが、夏に化粧崩れが起きる仕組み。実はこれ、施したメイク下地の油分と皮脂が混ざって、油分が溶け出してしまうことが”ドロドロ崩れ”を引き起こす原因なのだ。

 そこで対策になるのが「薄塗り」を心がけること。パフには一度だけファンデーションをつけ、それを顔全体に塗るくらいがちょうどいい。

 頬は塗り過ぎやかたまりでつくことが多いため、トントンと軽く叩くように押さえるのがコツだ。また、Tゾーンや口、目の周りは丁寧に押さえて、よくフィットさせると崩れにくい。

 実は、ファンデーションを塗る前にやっておきたいことがある。それは、徹底的に保湿をすること。なんならコットンパックをしても良し。特にTゾーンや小鼻の脇など、化粧崩れがしやすいところは入念に化粧水をしっかりつけて保湿しておこう。

 これで化粧直しのときも、苦労しなくて済む。困っている人は一度試してみてほしい。