少し動いただけで汗ばんでしまう季節です。汗は体温の調節に係わる大切なものですが、かいた汗を放っておくと、肌に良くないいろいろな影響があるのをご存知ですか? もしかしたら肌のために頑張っている毎日のスキンケアもムダになってしまうかもしれません。

汗が肌に与える影響はこれだけある

汗で雑菌が繁殖しやすくなる

汗自体は肌への刺激は少ないですが、汗によって古い皮脂や角質が流れ落ちてしまいます。これらのたんぱく質は雑菌の好物。雑菌が繁殖することでたんぱく質が脂肪酸に分解されて、汗のニオイの元になってしまいます。雑菌が増えれば、肌荒れやニキビの原因にも。せっかくのスキンケアをムダにしないように、かいた汗はこまめに拭き取るようにしましょう。

汗でふやけた肌はバリア機能が低下する

汗をかくことでふやけてしまった肌の表面の角質層は、少しの刺激で傷がつきやすい状態です。バリア機能が低下するので、肌荒れやニキビに対する抵抗力が弱まり肌トラブルの原因に。紫外線跳ね返す力も弱まってしまえば、秋にはボロボロの肌になってしまいます。

汗で肌の皮脂膜が流れてしまうことに

汗によって皮脂膜が流れてしまうと、肌はさらに無防備な状態になってしまいます。皮脂には汗を跳ね返す働きもあるので、皮脂膜がなくなるとバリア機能の低下がさらに進んでしまうことに。肌の皮脂がなくなれば、乾燥肌につながり、シミやシワを防ぐことができません。

トラブルから肌を守る汗対策は?

汗を放置するほど肌トラブルにつながってしまいます。夏の汗対策は、こまめに拭き取るのが基本。肌に優しい素材のハンカチやタオルで、ゴシゴシ擦らずに拭き取ってあげましょう。せっかく日焼け止めを塗っても、汗で流れてしまっては効果がありません。紫外線防止のために、日焼け止めも塗り直しましょう。汗を拭きとっても、夏の肌に細菌は繁殖しやすいもの。家に帰ったら、まず洗顔をしましょう。洗顔後は化粧水で保湿を忘れずに。さらに、薄くなった皮脂膜を補強するために、薄くクリームを塗るのも効果的。必要以上に水分が蒸発するのを防ぎ、みずみずしいお肌を保つことができます。


writer:岩田かほり