Doctors Me(ドクターズミー)- チェックリスト付き! 知っておきたい「喘息(ぜんそく)」が起こるメカニズム

写真拡大

「ゼーゼー、ヒューヒュー」といった喘鳴(ぜんめい)や、激しい咳<が出る、呼吸が苦しくなるといった症状が特徴の、喘息(ぜんそく)。

自分自身はもとより、子どもが咳込んでいて、もしかして…と不安になる方は多いと思います。そこで今回は、医師に喘息のメカニズムを解説してもらい、喘息のチェックリストを作っていただきました! 早速チェックしていましょう。

喘息ってどうやって起こるの? 呼吸が苦しくなるのはなぜ?

喘息は、気管支が敏感になり狭くなる発作のことです。呼吸をするときの空気の通り道(気道)が、アレルギーなど炎症によって敏感になり、けいれんを起こして狭くなることで起こります。

喘息の人の気管支をはじめとする気道の粘膜には、好酸球(白血球の一種)やリンパ球を中心とした細胞が集まり、発作がおさまっているときでも炎症が起こっています。そのため、ちょっとした刺激で気管支を取り囲む筋肉が収縮し、空気の通り道が狭くなる「気道閉塞」が起こりやすい状態が続いています。

喘息は子ども・男子が多い? 大人は?

日本では、子どもの5〜7%、大人の3〜5%が喘息にかかっているといわれています。子どもの喘息は男子に比較的多く、アレルギーが原因であることがほとんどとされています。

また、小学校高学年ぐらいから発作がなくなる時期がありますが、20〜30歳代に再発することもあります。大人の喘息の6〜8割が大人になって初めて発症した人たちで、男女比も変わりません。大人で発症する場合、子どもの喘息に比べ、原因が明確に特定できない場合が多いとされています。

喘息チェック 〜あてはまる項目がありますか?〜

下記にあてはまる場合、喘息である可能性が高いと言えます。

・のどが「ゼーゼー、ヒューヒュー」いう
・呼吸困難
・発作性の激しい咳、痰
・急に動けなくなる
・胸の痛み
・動悸、息切れ
・背中の張り
・空咳

(監修:医師 佐藤 留美)