Doctors Me(ドクターズミー)- ニキビを治すには? ニキビ治療法〜自費診療編〜

写真拡大

自費診療の治療法は様々!

自費診療で出来る治療に関してですが、こちらは本当にいろいろな種類があります。
全てをここで挙げるのは難しいので、主に幅広く行われている6つの治療にのみ焦点をあててご紹介いたします。

1. ビタミンCローション

お化粧水として毎日洗顔後に使用できます。
ビタミンCには皮脂の分泌を抑える効果があります。また炎症後色素沈着(赤み)にも効果的です。

2. レチノイン酸クリームまたはゲル

保険治療で行う毛穴のつまりをとる塗り薬と似たような効果があります。クリニックによって濃度をいろいろ調整し調合しているので、効果の強弱をつけることができます。

3. ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは使う薬剤によって、グリコール酸だったりサリチル酸だったり数種類あります。
主に毛穴のつまりをとることが目的ですので、今あるニキビを治すと同時にニキビを出来にくくする効果があります。また皮膚を滑らかにするので、多少のニキビ瘢痕の改善効果があります。

4. イオン導入(ビタミンCなど)

ケミカルピーリングと組み合わせて行われることが多いです。電流を流してビタミンCなどの液体を皮膚に浸透させます。
ピーリング後の皮膚の分厚い角質がとれた状態の方がより浸透がよくなるため、ピーリング後に行うことが多いですが、イオン導入のみでも効果はあります。

5. 光線療法

医療用青色発光ダイオードや特定波長領域の紫外線をあててアクネ桿菌を破壊したり、赤みを抑える(炎症を沈める)治療があります。
赤ニキビやニキビ跡(赤み)に対し有効です。機械にはいろいろな種類があり、それぞれで効果も多少異なります。

6. CO2フラクショナルレーザー

レーザーも今では本当にいろいろな種類があり、それについてすべてご紹介するのは難しいです。
このCO2フラクショナルレーザーは最新の治療になるためこの機械を置いているクリニックは限られています。ただ、この治療は今まで難しかったニキビ瘢痕に対しとてもよい治療成績がでているので紹介させていただきました。

どの治療法が適切?

ニキビには本当に様々な治療方法がありますね。
治療の選択肢が広がることはそれだけ治る可能性も広がりますからいいことですが、たくさんの選択肢があっては逆に迷ってしまいますね。

一体どの治療が自分に一番合っているのか、その選択方法については、別の記事でご紹介させていただきたいと思います。

→その4:ニキビのスキンケア 〜お化粧はしてもいいの?〜

その1:ニキビ治療のいま
その2:ニキビ治療法〜保険診療編〜
その3:ニキビ治療法〜自費診療編〜
その4:お化粧はしてもいいの?
その5:それでも治らない頑固なニキビ
その6:ニキビ治療に適切なクリニックとは?
その7:どんな治療法が一番良い?

「ニキビ」の体験談はこちら