渡辺大知

写真拡大

映画『モーターズ』が、11月14日から東京・新宿武蔵野館で公開される。

【もっと画像を見る】

東京郊外の整備工場で働く中年男の恋と成長を描く同作は、黒猫チェルシーのボーカリストで俳優としても活動する渡辺大知の初監督作品。東京造形芸術大学の卒業制作として作られ、『PFFアワード2014』で審査員特別賞を受賞したほか、『第27回東京国際映画祭』『第39回香港国際映画祭』などで上映された。

主演を務めるのは、豊田利晃監督の『ポルノスター』での映画デビュー以降、多数の映画作品に出演を続ける渋川清彦。共演者には渡辺をはじめ犬田文治、木乃江祐希、前田裕樹、川瀬陽太、鹿江莉生、菅沼拓馬、山本浩司、中野碧、スギム(クリトリック・リス)、中野翔平、酒川雄樹、森岡龍、片倉わき、冨永周平が名を連ねている。

渡辺は『モーターズ』の劇場公開決定を受けて「低予算ではありますが、自分の好きな空気をたっぷりと詰め込みました。子供のような大人たちの、ときに情けなく、ときに美しい日常をぜひご覧ください!」とコメントしている。