世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」は、チーム・スカイに所属するクリス・フルーム(イギリス)が2年ぶり2回目の総合優勝を達成した。首位の選手が着用する黄色いリーダージャージ「マイヨ・ジョーヌ」を、21区間のうち16日にわたって着用しての優勝だったが、レース後半はコロンビアの小柄な山岳スペシャリスト、ナイロ・キンタナ(コロンビア/モビスター・チーム)にタイム差を詰められ、チームのアシスト役に牽引されながら遅れを最小限に抑えて逃げ切った形だ。記録だけを見れば楽勝に思えるが、実際は手に汗を握るような近年まれに見る激闘だった。

 イギリス人の両親がケニアの首都ナイロビに住んでいるときに生まれたフルームは、少年期を南アフリカで過ごした。選手としては、南アフリカ登録のコニカ・ミノルタチームでプロデビューし、2007年にはツアー・オブ・ジャパンにも参戦。プロ初勝利は、22回目の誕生日を迎えた日本で手中にした。

 常に笑顔を絶やさない好感の持てる物腰で、ゴール近くのテントの下で行なわれた記者会見では、礼儀正しく質問に答えていたことが印象に残っている。そのときも「暑さには強いんだ」と語っていた。

 その後、フルームはロンドン五輪直前にイギリス籍を取得。理由は、ケニアに五輪出場枠がなかったからだ。

 フルームがツール・ド・フランスで頭角を現したのは、3年前の2012年。同国の先輩で、エースのブラッドリー・ウィギンス(イギリス)のアシスト役を務めたときだ。ウィギンスはこの年、ツールで総合優勝を果たすのだが、エースを献身的にアシストするはずのフルームが上り坂で振り返り、遅れがちなウィギンスに対して「速く来いよ!」とばかりの手振りを見せたのである。インタビューでも立ち話でも、人のよさを見せながらも、実は内面では誰にも負けたくない、そして勝てるレースはすべて勝つという強い意志がある――。それが、フルームの特徴だ。

 第100回大会となった翌年の2013年、シーズン前から「ツール・ド・フランスでは僕がエースだ」と主張していたフルームに対し、ウィギンスは連覇に挑まず欠場した。その結果、フルームは圧倒的な強さでツールを初制覇。レース後、フルームはこう語っていた。「ケニアの未舗装路でマウンテンバイクを走らせていた少年時代から、今日ここまで上り詰めることができた。マイヨ・ジョーヌは人生を変える魔力を持つと誰もが言うが、僕はこれからも変わりたくない。これからもツール・ド・フランスにチャレンジすることを楽しみたい」。

 翌年、フルームの連覇が期待された2014年のツールは、波乱含みのレースとなった。この年はイギリスからの開幕だったが、第4ステージで落車して右手首を痛めてしまう。さらに翌日も、雨に濡れた舗装路で2度も落車。ついには手首を骨折し、リタイアすることになった。

 そして、雪辱を期して臨んだ2015年――。大会3日目、フルームが早くもマイヨ・ジョーヌを獲得したことで、総合優勝争いは一気に動き始めた。

「レースはまだパリまで続く。マイヨ・ジョーヌはパリで着用することに重要な意味があるんだ」

 翌日の第4ステージは、「北の地獄」と呼ばれる石畳を走るコース。フルームが落車骨折した2014年のコースと似ていて、ここで仕掛けたのが前年の覇者、イタリアのヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ・プロチーム)だった。2014年、ニーバリは石畳コースでライバルを蹴落として優位に立ち、フルームのリタイアもあって圧倒的な強さを見せて総合優勝をモノにしていた。

 しかし、2015年は波乱が起こらなかった。記録的な猛暑に見舞われた今年のフランスは、ニーバリが得意とする泥沼の石畳にはならず、ドライな状況でアクシデントは発生しなかった。その後、ニーバリは最初の山岳区間となる第10ステージで大ブレーキを起こし、優勝争いから脱落。一方、暑さに強いフルームは常勝態勢を着々と築いていった。

 だが、あきらめなかったのがキンタナだ。2年前の大会で山岳賞と新人賞を獲得して総合2位になったキンタナは、昨年、ジロ・デ・イタリアに集中するためにツールを回避していた。2年ぶりのツールとなるキンタナは、初の総合優勝を虎視眈々と狙っていたのである。

 アルプスを目前にしてフルームから3分10秒遅れの2位になったのも、平坦区間の第2ステージで横風によって集団が分断し、第2集団に取り残されてしまったため。山岳ステージに入れば、フルームと互角に渡り合える実力がある。

「勝負は勝つか負けるか、どちらかひとつだ」と逆転優勝をかけてキンタナは、最後2日間の山岳ステージで何度もアタックした。しかし、チーム・スカイのアシスト選手が遅れがちになったフルームを必死に牽引。結果、フルームがなんとか逃げ切り、マイヨ・ジョーヌを着てパリに凱旋することになった。

「ツール・ド・フランスに再び勝てるなんて、信じられない気分だ。最後の山岳を上っていて、僕の頭の中にはいろんな感慨が浮かんでいた。いつも僕のそばにはチームメイトがいてくれた。みんなが僕のマイヨ・ジョーヌを一生懸命に守ってくれた。そして家族の存在があったからこそ、ハードなトレーニングをこなし、僕の背中を後押ししてくれた」

 最終日のパリ・シャンゼリゼではチーム・スカイ全員が肩を組み、ゴールラインを通過した。歴代優勝者の名簿には「クリス・フルーム」の名前しか記載されないが、チーム一丸となって戦わなければ栄冠を勝ち取れないのが、ツール・ド・フランスなのだ。

山口和幸●取材・文 text by Yamaguchi Kazuyuki