日本人にハリウッド版『ゴジラ』(1998)と実写『ドラゴンボール』を見せるのはマナー違反?日本マナー番組の過激パロディ動画がじわじわくる

写真拡大

日本マナーを紹介する教育番組風のパロディ動画『JAPANESE CULTURE−MANNERS』が「おかしすぎるぞ!」「日本人だけどこんなマナー知らない」と話題になっていました。

【関連:イギリスのドラゴンボールヲタが企画した実写化プロジェクトが今度はトレーラームービーを公開】

JAPANESE CULTURE - MANNERS

動画には司会のお姉さんと、忍者にあこがれるシャーウッドさん、そして日本人の斉藤さんなる3人が登場。
シャーウッドさんが斉藤さん宅をおとずれ、散々マナー違反を犯していくという“教育番組あるある構成”になっているのですが……、斉藤さんから駄目出しどころか容赦ない制裁が下されるというちょっと過激な内容。

靴を脱がずに玄関から入っただけでまず頭突き、病人に菊を送っただけで回し蹴り、ご飯茶碗にうっかり箸を立てたら今度は発砲……。確かにマナー違反はあるけれども!フラットな玄関で仕切りマットをおいてない斉藤さんも悪いぞ!
さらに斉藤さんの暴走は加速していき、ハリウッド版『Godzilla』(1998年トライスター版)を見せただけで、口から火を吹くほどの激怒ぶり。

司会のお姉さんいわく、ハリウッド版『Godzilla』(1998年トライスター版)とハリウッド版『ドラゴンボール』を日本人に見せるのはかなりのマナー違反なんだとか。ラストはシャーウッドさん、突如出てきた下半身ジャージの忍者っぽい人に、雑CGで切り刻まれ、寿司ネタにされるというシュールなオチがついてました。

見る人によってはシュール、見る人によっては面白いと感じるこちらの動画。2009年にYouTubeに投稿され、最近になり再び話題になってるみたいですね。
斉藤さんの部屋の汚さも見所ですよ!気になる方は是非!