京都の本能寺跡地にある「信長茶寮」で2015年8月6日、人生と保険を見直すイベントが行われる

写真拡大

消費者に合わせて保険のプランを提案する保険見直し本舗(東京都渋谷区)は、「人生何が起こるかわからない」をテーマに、京都市の旧本能寺跡地にあるカフェやイベントスペースなどを備えた「信長茶寮(しんちょうさりょう)」で、座禅をしながら人生と保険について見直すイベント「保険見直し寺」を2015年8月6日に開催する。

人生を見直す20分間の座禅と、40分間の座学

「保険見直し寺」では、プロの指導のもと"人生"と"保険"の見直しを無料で行える。"人生の見直し"パートでは、「まずは人生を見直そう 〜座禅〜」と題して、陽雲院(京都府亀岡市)の副住職である吉瀬公隆さん指導のもと、20分間の座禅を行い、日常の人生を振り返る。"保険の見直し"パートでは、「人生を、保険を、見直そう 〜座学〜」と題し、900件以上の相談対応実績を持つ保険見直し本舗の阿部健介さんが40分間、保険の見直しについての話と、保険の悩み相談を行う。

場所の選定にあたり、同社は、全国各地のユニークな場所を貸し出しているスペースマーケット(東京都新宿区)とコラボレーション。「何が起こるかわからない場所」として、戦国時代に織田信長が「天下人」の地位を築きながら命を落としたとされる、重臣・明智光秀による謀反、「本能寺の変」の現場にある信長茶寮が選ばれた。信長茶寮には信長の慰霊碑がある。

公益財団法人「生命保険文化センター」の調査によると、20代の半数近くが生命保険に加入していないなど、若者の保険離れが進んでいるという。こうしたことをふまえ、保険見直し本舗は今後、若者向けに保険について見直す場を提供するプロジェクトをすすめていきたいとしている。

8月6日の「保険見直し寺」は、午前11時〜午後0時30分(受付は午前10時45分開始)と、午後2時〜3時30分(受付は1時45分開始)の2回。参加の応募はスマートフォンのキャンペーンサイトから。