突然ですが、あなたは「豆乳」が好きですか? 迷わず好きと即答する人もいれば、「独特な味」と感じている人もいるでしょう。特に女性にとって豆乳は、生理前や更年期の不調に効果的ともいわれているので、飲みやすい方法があれば、継続して摂取したいところですよね。今回は『フルーツやビネガーと混ぜるだけ! 豆乳の美味しい飲み方3つ』をご紹介いたします。

1. 定番中の定番!「フルーツと合わせる」

豆乳の美味しい飲み方として知られているのがフルーツと合わせてミキサーにかけるだけという至って簡単な方法。豆乳と自分の好きなフルーツを合わせるだけなので、誰でも簡単に作ることができ、ゴクゴクと飲みやすくなります。なかでもオススメなのは「バナナきなこ豆乳」。バナナと豆乳を合わせるだけでも「バナナミルク」のような味わいになり十分楽しめますが、きなこをプラスすることによって、よりまろやかな舌触りになり、ドリンクというよりもちょっとしたスイーツを楽しんでいる感覚。きなこをどっさり多めに入れると、便秘解消にも繋がっていきますよ!

2. ビネガーと混ぜる

一見、相反する「豆乳」と「ビネガー」。二つを混ぜると、とろっとした飲むヨーグルトのような味わいになり、豆乳ならではの臭みも軽減されます。重みがあるので、朝ご飯をドリンクだけで済ましたいときにオススメのドリンク。フルーツビネガーであれば、どんな味でも美味しく仕上がるので、毎日色々なフレーバーをお楽しみいただけますよ。

3. 意外とイケる! 豆乳の甘酒割り

女優・永作博美さんも愛飲しているといわれている「豆乳の甘酒割り」。方法は、豆乳を甘酒で割るだけ。健康に気遣う方なら、ノンアルコール/ノンシュガーの甘酒と合わせて相乗効果を期待するのもよし。ただし、甘酒割りに関しては「すごく好き!」という人もいれば「私はダメ〜」という人もいて、好みがハッキリと分かれてしまうようです。

豆乳の効果をより実感するためにも美味しい飲み方はマスターしておきたいですよね。フルーツやビネガー以外にも、ヨーグルトやメイプルシロップと合わせる方法などもあります。ぜひ、その日の気分に合わせて豆乳をアレンジしてみてくださいね。


writer:山口 恵理香