スヌーピーミュージアム 2016年3月に六本木にオープン

写真拡大

2016年3月、東京・六本木に「スヌーピーミュージアム」が誕生することが発表された。

スヌーピーは、チャールズ・M・シュルツ(1922〜2000)が1950年から2000年まで新聞連載した漫画「ピーナッツ」に登場するキャラクター。「ピーナッツ」は、スヌーピー、チャーリー・ブラウン、ルーシー、ライナスなどのキャラクターでおなじみのアメリカの漫画で、漫画の掲載紙は世界70か国以上に及んでいる。日本ではもっぱら「スヌーピー」と呼ばれているが、海外では「ピーナッツ」が正式名称だ。

今回オープンが発表された施設は、アメリカ・カリフォルニア州サンタローザにある「シュルツ美術館」の、世界初となる分館となるミュージアム。館内では「ピーナッツ」の原画をはじめ、シュルツの初期の作品、貴重なビンテージグッズなどが展示されるほか、ハロウィンやクリスマスなど季節に応じたイベントも開催される。

スヌーピーミュージアムは2016年3月、東京・六本木(港区六本木五丁目6番地)に開館。なお同館は、2018年9月までの期間限定での開館を予定している。

※画像
(C) 2015 Peanuts Worldwide LLC