Doctors Me(ドクターズミー)- 乳歯が残って永久歯が生えてこない!乳歯遺残って何?

写真拡大

正常な乳歯の生え代わり時期は?

犬の歯の生え変わりは、正常ですと永久歯の生えてくる生後3か月から7か月頃に乳歯が抜け落ちます。しかし、トイプードルやチワワなどの小型犬では、生後1年たっても乳歯が残ってしまう場合があります。乳歯の本数は正常ですと28本(切歯3本、犬歯1本、前臼歯3本、これが上下左右にあるので28本)、永久歯は42本(切歯3本、犬歯1本、前臼歯4本、後臼歯2本(上顎)または3本(下顎)、これが左右にあるので42本)あります。

乳歯が残ってしまうとどうなるの?

乳歯が残ってしまうと、永久歯が正常に生えてこないために歯並びが悪くなり、かみ合わせが悪くなります。そのままの状態でいると、さらに乳歯よりも内側に生えてきた歯が上顎の内側にあたって炎症が起きたり穴が開いたりします。また残っている乳歯と永久歯の間には隙間ができて食事のカスが溜まり、歯石が付着してきます。すると歯石がもとで炎症(歯肉炎)が起きたり、歯肉が痩せてきて歯が脱落することもあります。また歯肉炎が原因で、感染が顎の骨や鼻などにも広がるなど、さまざまなトラブルの原因となるのです。

乳歯遺残はどうすればいいの?

まず小さいころから口の中を見せてくれるように積極的にさわってあげて、時々チェックしてあげることが必要です。今生えている歯のそばに新しい歯が生え出してくるのが、日々の観察により確認できます。もし口に触れることを拒むようでしたら、定期的に獣医さんに診てもらって下さい。もし乳歯が7カ月以上たっても取れないようでしたら、乳歯の抜歯が必要です。避妊手術や去勢手術をそのころに行うことが多いので、その時に一緒に抜いてもらえば、費用や犬の負担も少なくて済みます。麻酔をかけないで歯を抜いたりすることもありますが、出血がきっちりと止められるようでしたら問題ないです。ただ抜く過程でとても嫌がり、今後口を触らせなくなることもあるので、できる限り麻酔してもらって抜歯することをお勧めします。

合わせて読みたい
マダニに要注意!マダニが引き起こす怖い病気
虫歯よりも気をつけたい、犬と猫のお口のトラブル
好奇心旺盛なペットの誤飲、誤食に注意!