「ガリガリ君つきかもめ〜る」

写真拡大

日本郵便は2015年7月23日から、赤城乳業のアイスキャンディー「ガリガリ君」とコラボレーションした「ガリガリ君つきかもめ〜る」キャンペーンを実施。対象となるのは東京都内の郵便局86か所で、8月28日まで行われる。

かもめ〜る10枚以上の購入で1枚もらえる

夏のごあいさつ向けの郵便はがき「かもめ〜る」(1枚52円)を、対象の郵便局で10枚以上購入し、その場で簡単なアンケートに回答すると、先着1万人に「ガリガリ君つきかもめ〜る」がプレゼントされる(なくなり次第終了)。このはがきは実際に投函でき、受け取った人は、近くのローソンで「ガリガリ君ソーダ」1本と引き換えられる。

暑中見舞いとして、文面だけでなく、涼やかな「ガリガリ君」も届けられる「ガリガリ君つきかもめ〜る」。これを使って、J-CASTトレンドの新人記者が、先輩記者に暑中見舞いを送ってみることにした。

会社付近のポストへ投函すると、当然ながら翌日には編集部へ到着。文面を読んだ先輩記者は、「ふだん数メートルの距離にいるのに、こんなに気を使ってもらったのは初めて」と驚きながら、近くのローソンへと向かった。ちなみに、新人記者の文面は次の通り。

「連日猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。お体にはくれぐれもお気を付け下さい。健康第一」

交換は全国のローソンで

「ガリガリ君」引換券の発行は、ローソンのマルチメディア端末「Loppi(ロッピー)」で行う。はがきに印刷されている二次元バーコードを「Loppi」のリーダーにかざして、案内に従うと引換券が1枚出てくる。それを冷凍ケースの「ガリガリ君ソーダ」(通常64円)と一緒にレジへ持っていけば、すぐに引換は終わる。

発売日の7月23日には、KITTE(東京都千代田区)でセレモニーが開催された。赤城乳業から「ガリガリ君」、日本郵便から「ぽすくま」が登場し、イベントを記念した「特製ポスト」をお披露目。体験ワークショップも実施され、子どもたちが楽しそうに、思い思いの相手へ暑中見舞いを書いていた。

なお、夏の間は「ガリガリ君」と「ぽすくま」による公式コラボツイッターアカウントを開設。全国の「ご当地キャラ」へ向けて、「ガリガリ君つきかもめ〜る」を送る様子を伝えている。