ダンロップになってから2年で8勝しているというマークセン、ボールはNEW SRIXON Z-STAR XV(撮影:上山敬太)

写真拡大

 国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」はタイ出身のホストプロ、プラヤド・マークセンが最終日にスコアを9つ伸ばしトータル24アンダーで逆転優勝。国内ツアー通算5勝目を挙げた。
これまでのWITB一覧
 前のメーカーとの契約が期間満了し、2年前にダンロップに移籍したマークセン。その後はアジアツアーで1勝、そしてツアー外競技などを含めると8勝をマーク。「私のリクエストにいつも応えてくれる。手厚いサポートに感謝しています」とスタッフたちに謝辞を述べていた。
 最終日に「ドライバーショットが安定し、パットも良く入った」のが勝因だと話したマークセン。ドライバーは高い飛距離性能でアマチュアにも大人気の『ゼクシオエイト ドライバー』。シャフトは2週間前に三菱レイヨンの『アルディラATX65』に変更。この2つのマッチングがベテランの勝利を大いに助けたようだ。
【マークセンのクラブセッティング ※Whats in the Bag】
1W:DUNLOP ゼクシオエイト ドライバー 8.5°
(シャフト:三菱レイヨン アルディラATX65/X/44)
3W:キャロウェイ スティールヘッドIII 15°
5W:キャロウェイ スティールヘッドIII 18°
3UT:A DESIGN GOLF A-GRIND FAIRWAY 20.5°
Iron:DUNLOP SRIXON Z945 ♯4〜PW
AW:ClevelandGolf RTX2.0プレシジョンフォージド 54°
SW:ClevelandGolf RTX2.0プレシジョンフォージド 60°
パター:オデッセイ ホワイトホット#2
ボール:NEW SRIXON Z-STAR XV
※WITB=Whats in the Bag(キャディバッグの中身)
<ゴルフ情報ALBA.Net>