復活後は絶好調のペヤングソースやきそば

写真拡大

「ゴキブリ混入」で昨年12月から今年6月初めまで販売を中止していた即席めん『ペヤングソースやきそば』(まるか食品)が、6月時点で即席カップめん分野での国内シェア1位を獲得。それまで絶対王者だった日清食品の『カップヌードル』を抜いた。

 爆売れの要因は「市場が熱望していたから」だけではない。復活劇の要因は同社の危機管理の成功にある。すぐさま自主回収を決定し、さらには、丸橋嘉一社長が小売店へお詫び行脚を行なった。販売中止の間、社長は自ら工場に来て仕分けを率先して行ない社員を鼓舞するほか、社員の解雇も減給も行なわないなどモチベーションの維持にも努めたのだ。

 企業の危機においては、リーダーの行動が問われる。2014年7月に異物混入問題や衛生管理問題が発覚したマクドナルドは大幅減収の苦境が続いている。

 社長のサラ・カサノバ氏が事件発覚から1週間後の中間決算発表の場で「憤りを感じる」と、工場側に責任を押し付けるようなコメントをしたため物議を醸した。

 前年同月比で80%以下の全店売上高を7か月連続記録しているのは、こうした対応のまずさも無関係ではないだろう。リスク管理に詳しいリスク・ヘッジ代表の田中辰巳氏がいう。

「マクドナルドも被害者だといわんばかりの言い回しでうまくかわそう、逃げようとしたように、消費者に受け取られてしまった。まるか食品は、回収決定後は一切言い訳をしなかった。その『誠実さ』のおかげで、消費者はペヤングを応援する気持ちになれたのでしょう」

 販売再開を心待ちにしていた全日本ペヤング愛好会会長の奥山祐治氏の話。

「すぐに回収を行なったことや、異物混入をなくすために設備改修を行なったことから『もう大丈夫だ』と思えた。それにファンとしては、慣れ親しんだパッケージデザインを残そうとしたのも好印象でした」

 対応だけでなく、味も形も変えないという愚直さも好調の秘訣かもしれない。

※週刊ポスト2015年8月7日号