あらため注目される日常の運動習慣 Iakov Kalinin/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 運動不足は、骨粗しょう症や筋力不足による転倒など、さまざまな病気を引き起こしやすくする。だが、夏場はなかなか体を動かす気になれないものだ。連日の猛暑では、熱中症のリスクも高まるため、ますます運動から遠ざかっている人も多いだろう。

 しかし、運動不足は夏バテを招き、代謝低下によって、冷たいものの取り過ぎや冷房の効いた部屋に篭もりがちな体の血行も滞らせる。適度な運動は、むしろ疲労を回復する効果もある。ストレス解消、気分転換などにも有効だ。そのため、運動が日常習慣になっていない人は、うつになりやすいともいわれている。

 運動不足が長期化すると、20代、30代から知らず知らずのうちに「運動器」の機能を低下させる。高齢になってから、突然落ちるわけではないのだ。デスクワークでほとんど身体を動かさない人であれば、年齢にかかわらず「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」(略称ロコモ)の兆候が現れるケースは少なくない。

わずか2週間でも運動をしないと、筋力が大幅に低下

 ロコモとは、筋肉、関節、軟骨、椎間板などの運動器に障害が起こり、歩行や日常生活に支障をきたしている状態だ。その前段階、加齢などによる筋肉の低下は「サルコペニア」と呼ばれる。サルコ(sarco:筋肉)がペニア(penia:減少)するという意味だ。

 日本ではサルコペニアの明確な定義はないが、現在は、欧州のEWGSOPという作業部会で提案された「進行性かつ全身性の筋肉量と筋力の減少によって、身体機能障害や生活の質(QOL)の低下や死のリスクを伴うもの」という定義が定着している。

 いずれも、運動不足の人が負うリスクのようなイメージだった。ところが先日、体力のある人でも、「2週間」運動をしないと筋力が大幅に低下することが新たな研究で示された。

 2週間という短期間でも、若い人で約30%、高齢者では約25%の筋力低下が認められた。また、元の筋量が多い人ほど、ケガ、病気、休暇などで運動を休んだ場合に失われる筋肉量も多いことが明らかにされた。

体力のある人でも多量の筋肉を失う可能性が

 研究を実施したデンマーク、健康加齢センターおよびコペンハーゲン大学生物医科学部のAndreas Vigelsoe氏は、「我々の実験から、運動をしないと若い人でも高齢者でも同じように筋力に影響することが明らかになった」とコメント。

 片脚を2週間動かさずにいた場合、若い人では3分の1もの筋力が失われ、高齢者では約4分の1が失われた。同氏は、「若い男性が2週間の運動不足で失う脚の筋力は、40〜50歳分の老化に相当する」と述べている。

 一般に、総筋肉量は加齢とともに低下する。若い男性は高齢の男性に比べ、筋量が片脚につき約900g多い。だが、今回の研究では、若い男性が2週間全く動かなかった場合、平均約500gの筋量が失われていた。ちなみに、高齢の男性では約250gの筋量が低下していた。

 同センターの研究員であるMartin Gram氏は、次のように指摘している。
「筋量が多いほど、失う量も大きい。つまり、元々体力のある人がケガをした場合、体力のない人に比べ、同じ期間でも多量の筋肉を失う可能性が高い」「高齢者は若い人よりも失う筋量は少ないが、筋量低下は重大事。全体的な健康状態や生活の質への影響も大きい」

元に戻るには運動しなかった期間の約3倍の期間がかかる!

 今回の研究では、対象者は2週間の運動制限の後、自転車でのトレーニングを週3〜4回、6週間実施。ところが、この運動によって体力の回復はみられたが、筋量は期間中に完全には戻らなかった。

 「残念ながら自転車トレーニングでは、元の筋量を十分に取り戻せなかった。だが、このトレーニングは、筋量低下から回復して健康状態を取り戻すためには十分に有用だ。もし、筋量を以前の水準に戻したければ、ウェイトトレーニングを取り入れる必要があるだろう」(Vigelsoe氏)

 Gram氏によると、元の筋量に戻るまでには、運動しなかった期間の約3倍の期間を要するという。あらためて、日常の運動習慣の重要性が注目されている。
(文=編集部)