Doctors Me(ドクターズミー)- 赤ちゃんにとって“布おむつ”ってどうなの? 知っておきたいメリットとデメリット

写真拡大

“布おむつ”の存在は知っていても、使ったことがないという人は多いかもしれません。昔は赤ちゃんのいる家では、洗濯を終えた布おむつが風にはためいているのを見かけることがありましたが、現在はそのようなことも少なく、紙おむつ全盛といえるでしょう。

でも、捨てがたいメリットもあるのが布おむつです。今回はそんな布おむつのメリットやデメリットについて、医師に教えてもらいました。

■ なんといっても、コスト面でお得!

まず、布おむつの魅力として挙げられるのが、経済性です。

確かに最初は購入するのに少しお金がかかりますし、自分で縫うにしても手間がかかりますが、いったんそろえてしまうと数年、おむつが外れるまで使い回せます。2人以上の出産を予定している場合は、兄弟で使い回すこともでき、圧倒的にコスト面ではお得、といえるでしょう。

■ おむつ外れが早くなるメリットも

そしてもう一つのメリットは、おむつ外れが早くなるということです。

現在の紙おむつは「おしりさらさら」や「高吸収ポリマー」など、濡れた場合の快適性を重視して作られていることが多く、一回くらいのおしっこだと赤ちゃんも不快を訴えない場合もよくあるようです。しかし布おむつになると、すぐお尻が濡れて不快になるため、赤ちゃんが泣いて尿意や便意を伝えるのが早まる、といわれています。

■ 手間がかかるのは、否めないかも……

一方、デメリットとしてはやはり、手間がかかるということに尽きるようです。

一枚一枚洗濯をして乾かす手間や、一回おしっこをしたら夜でも外出中でも、すぐに取り替えないといけないというのは、ただでさえ慣れない赤ちゃんのお世話でてんてこ舞いのママにとって、大変な場合もあります。

【医師からのアドバイス】

布おむつは、紙おむつに比べてごみが出ないのもエコで、買い忘れを気にする必要がないという利点もあります。日中自宅では布おむつ、外出時と夜寝るときは紙おむつと使い分けるママもいるようですね。これもまた、一つの方法だと思います。

初めて布おむつを取り入れてみたいと思うママは、いきなりすべて変更せずに、数枚だけ購入して、時間的・精神的に余裕のあるときのみ使用し、赤ちゃんの様子を見てみるのもよいかもしれません。どちらのおむつでも楽しんで赤ちゃんと触れ合いたいですね。