【官能文学】ドM、調教…エロティックで美しい! あの文豪の今でも刺激的な「名作」5選

写真拡大

突然ですがウレぴあ総研をご覧の皆様、今年は明治・大正・昭和の半世紀にわたり、独自の耽美的な世界を構築し、膨大な数の作品を発表した、文豪「谷崎潤一郎」の没後50年だということを、知っていましたか?

エッチで現実離れな世界にドキドキ! 女子におススメ“官能漫画”5作品

谷崎潤一郎の代表作は『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、たくさんあります。そのほとんどが、既成の倫理観に縛られず、悪魔的な美と大胆なエロスを追及したものです。とんでもない悪女が出てきて、男をどんどん破滅させていく作品も多いです。

「文豪」と聞くと、何だか難しく、とっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。今回は、谷崎潤一郎をはじめ、あの有名な文豪たちが書いた、今も読み継がれる「官能文学」を5つ、ご紹介したいと思います。

「女王様と奴隷」究極の “マゾ”の世界

男がいつも、女に徹底的に翻弄される作品を描く文豪、谷崎潤一郎。最初の本格的小説『誕生』を発表した明治43年から、半世紀以上も文壇で活躍し続けた文豪です。教科書には載らないような、エロティックで美しい作品をたくさん描いています。

「全部おススメです!」と言いたい作品ばかりを描かれる文豪ですが、今回は絞りに絞って『痴人の愛』と『春琴抄』の2つをご紹介します。

『痴人の愛』のヒロインは、絶大な肉体的魅力を持つ、美少女「ナオミ」です。エリート・サラリーマンで、高給取りの譲治は、自分好みの女に育て上げ、いずれ妻にするつもりで、14歳も年下の、まだ15歳であったナオミを引き取ります。この設定からして、「うわぁ……(汗)」と言いたくなりますよね(笑)。

一緒に暮らし始めた始めこそ、まじめに勉強し、生活していたナオミですが、ナオミが成熟し、妖艶さを増すにつれて、彼女の態度は変わり始めます。

彼女は知性がないので、下品なタメ口しか話さない。モラルがないので、男を見れば誰とでも寝てしまう。浪費家なので、男の貯金はすぐに底をつく。家事能力もないので、食事は外食か高級デリバリー。しかも、自分の下着すら片付けられない女です。

ですが、ナオミの肉体的魅力はとびきりで、エリート・サラリーマンであった譲治は、その魅力にあらがえず、どこまでも堕ち続け、人生を翻弄されます。一度は彼女を追い出すものの、すぐに寂しくなり「何でもするからそばにいて」と言い出す始末……。

譲治は「理想の妻」にナオミを育て上げようとしたものの、見事に失敗し、逆に彼女に奴隷のごとく調教されてしまいます!

男は「こいつは悪女だ!」と思っても、その魅力に中々あらがえないものなのでしょうか……。まあ、元々「自分好みの女に育て上げよう」と実行したのは譲治で、ナオミはまさにその通りに、大人になっただけなのですけどね。女をダメにするのは、いつだって男のせいなのかもしれません。

続いてご紹介したい『春琴抄』。
盲目の美人お嬢様「春琴(しゅんきん)」と、丁稚(でっち)の「佐助」のお話です。 春琴は、琴が上手な、大阪の大商人の家のお嬢様です。プライドが高く、佐助をほぼ奴隷として使っています。

佐助の方は、そんな春琴が大好きで、叩かれて血を流して泣くことがあっても、喜んで春琴のお世話をしています。道案内だけでなく、トイレ・お風呂・肉体的な奉仕など、全部です。佐助は、完全にドMなようです……。

琴の先生もしている春琴は、その傲慢な態度から敵も多く、ある時、何者かから、自慢の美貌に熱湯をかけられ、醜い顔になってしまいます。 佐助は、春琴の醜い顔を見たくないと、そして春琴もそんな自分の顔を見てほしくないだろうと思い、自分の両目を針で刺し、盲目となってしまうのです……。
そうすれば、いつまでも美しいままの春琴の顔を、覚えていられるから、と。

そこから二人は、ますます熱い愛を育み、信頼関係を強めていくという、こちらも「女王様と奴隷」の関係が描かれたお話でした。決して「純愛」などではなく「二人にしかわからない」凶器のような愛が描かれています。

句読点がほとんど打たれておらず、少し読みにくいですが、激しいSMの世界に惹きつけられ、ページをめくる手がとまりませんでした!

横たわる裸の美女に老人が添い寝する『眠れる美女』

さて次は、日本初のノーベル文学賞作家であり、新感覚派作家として独自の文学を貫いた川端康成の『眠れる美女』という作品をご紹介したいと思います。

川端康成と言えば“国境の長いトンネルを抜けると雪国であった”という書き出しから始まる『雪国』や、『伊豆の踊子』『古都』などが有名です。描写一つ一つが、とても美しく、感覚に訴えてくるような文章を書く川端康成ですが、「老人の性」が描かれている『眠れる美女』という作品は、ご存知でしょうか?

『眠れる美女』の舞台は、波の音が聞こえる海辺の宿です。そこは、すでに男ではなくなった老人たちが、若い女の子と一夜を楽しむことができる館。真紅のビロードのカーテンをめぐらせた一室では、前後不覚に眠らされた裸の若い娘がいます。その娘に「たちの悪いいたずらをしない」ことを約束した老人は、娘と一緒に添い寝をすることができるのです。

主人公は、67歳の江口という、過去に華やかな女性遍歴を持った老人です。ここに通うのは皆「安心出来るお客様」で、もう男ではなくなった老人たちですが、江口老人はまだかろうじて、元気です。そして恐らくそのことに、多少のプライドと自信を持っている!

江口老人は、この宿に、作中でなんと5回も通うのですね。どうやら、はまってしまったようです。
しかも、毎回別の女の子と一緒に寝ています。江口老人は、この館のルールこそ破りませんが、まだ20歳前後の女の子を、揺さぶったり、細部まで観察したり、抱きしめたり、話しかけたりします。しかし、彼が女の子を通して見てしまうものは、自分の過去の思い出……死んだ母親や、自分の娘、昔の恋人のことなのでした。

そうして、館に通うたびに、確実に「死」の雰囲気が文章に充満していきます。

この物語は、娘たちの身体の描写などが実に細かに描かれており、官能的ではありますが、それをはるかに上回る勢いで、冷え冷えとした「死」の気配が漂っていました。

体温があるのに、深く眠り、意識がない娘たち。隣に誰が寝ていたか、何をされたか、知ることさえできません。それってまるで、死んでいるみたいですよね? そして、その隣に、死が目前に迫った老人たちが添い寝をする……と。うわぁ、想像すると、何だか不気味です……。

官能的ではありますが、ホラーのようにゾクッとするラストが待ち構えています。五感に直に訴えてくる物語で、官能と怖さをあわせ持っている作品なので、夏にピッタリかもしれません。

どこまでもゆるやかだけれど、静かに壊れていく様子が恐ろしい。

最後にご紹介したい小説は、新興芸術派の作家、吉行エイスケと美容家あぐりの長男として生まれ、1954年『驟雨』で第31回芥川賞を受賞した吉行淳之介の作品です。

当時、淳之介と同世代の作家の庄野潤三、安岡章太郎、三浦朱門らとともに「第三の新人」と呼ばれるグループを形成した文豪ですが、吉行淳之介は「性」をテーマにした作品をたくさん描いています。

例えば、1978年に野間文芸賞を受賞した『夕暮まで』。
妻子持ちの中年男と、22歳の女性の奇妙な関係性が描かれています。

女性は、中年男との交際が始まった時には、処女であり、処女を守るために、最後までは絶対にさせません。代わりにオリーブオイルを股に滴らせるなど、その他諸々の本番以外の交渉は、少しも厭わずむしろ積極的に行います(!)この怪しい関係は、1年半近くも続きます。

設定だけ見れば、過激で、ドロドロの不倫小説かと思うのですが、実は全然そうではないのですね。7編の短編で構成された長編ですが、性描写も二人の関係も、感情も、あまりにあっけなく、いつも隙間風が吹き続けているような感じで描かれています。

それに、若い女性の方も、読み進めるにつれて、本当に処女であるかどうか、疑問も出てきます……。

ですが、女性が「真白なウエディングドレスが着れなくなるから」という理由で、中年男に最後までは決して許さなかったことや、中年男もその強く閉じられた脚を、自分の立場を考え、無理に開かせることはしなかったところなど……。

お互いの急所には踏み込まず、水面下で攻防戦を繰り広げていた様子に、男女の微妙な駆け引きと、虚しさを感じ、印象に残りました。

また、同じく作家「中田」と女たちとの危うい日常生活が鮮明に浮かび上る『暗室』という小説も、とても官能的なのですが、女性と深い結びつきを持つことを避ける男のお話です。

事故で亡くなった奥さんがいる「私(中田)」が、同性愛者のマキと、電話をかければすぐに会うことができる、多加子と夏枝という女性と何度も何度も関係を持つ様子が描かれているのですが、突如として「腹を上にして池の底に横たわる150匹のメダカ」の話や「知恵遅れのため、屋根裏部屋に隠されて暮らす兄弟などの逸話(※しかも、続きが気になる所でパタリと終わってしまう……)が挿入されているため、読んでいて、不思議な、モヤモヤする気持ちになる小説でした。

女たちは「私」の元を次々に、静かに去っていき、ゆるやか〜に「私」が孤独を深めていく様子に、何度も違う女性と身体を重ねているのに、中々「暗室」から出てこられず、深い闇の中をさまよい続ける「私」が印象的でした。

今回ご紹介した「文豪」たちの作品は、驚くほどに、露骨な官能描写がでてきません。
女を鞭打つとか、奴隷のしるしをつけるとか、調教するとか、そんな設定は確かに物語の中心に存在しているはずなのに、もっと「性」の奥深くに存在している「生」、そして「死」に、否応なく向き合わされるお話でした。

なので、ドキドキしたりワクワクしたりなど、エッチな官能小説を読んでいる気分は中々味わえないかと思いますが、緻密で美しい情景描写や、人の心の奥底を見透かしているような文豪たちの目線に、ドキッとさせられてしまうことは間違いないかと思います。さすが文豪! と、美しい陶酔の世界にため息がでます。

良かったら、この夏ぜひ、文豪たちの官能文学に触れてみて下さいね。