日本を襲う猛暑。こんな季節に注意したい悪酔いの予防法

写真拡大

空腹のままで急激に酒を飲まない

日本人は欧米人に比べて酒に弱く、わずかの量でも顔が赤くなったりしやすいといわれています。その理由の一つとして、日本人の約半数がアルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドを分解する酵素の活性が低いか、欠けていることが挙げられます。暑い時期に冷えたビールを一杯というのはなかなか魅力的ですが、飲み方には十分な注意が必要です。

まず、飲む際に気をつけておくべきことは、空腹のままで急激に酒を飲まないことです。通常、肝臓で分解されるアルコールが、空腹の場合は処理が間に合わず、胃や腸に吸収されてアルコールの血中濃度が高くなります。必ず何か食べ物を口にして、ある程度お腹を満たしてから、酒を飲むように心がけましょう。さらに、睡眠不足にも注意が必要で、疲れていれば悪酔いしやすくなります。


酒を飲んだ量程度の水分を摂ると効果的

実際、自分の許容量を超えて飲み過ぎないことが最も大切なことですが、飲み過ぎた時には、どう対処すれば良いのでしょうか。まず、試してほしいのは水を飲むことです。体内に入ったアルコールをできるだけ早く排出するためには、飲んだ量程度の水分を摂ると効果があります。

さらに、グレープフルーツは、体内でアルコールを分解しやすくする効果があり、スッキリ感もあるため、嘔気がある時はジュースなどで飲んでもいいかもしれません。


無理に繰り返して吐くことは避けるべき

また、お酒の飲みすぎによる吐き気や頭痛、だるさはアルコールによって脱水症状が起きている証拠です。スポーツドリンクは、通常の水よりも水分が体内に浸透しやすく、糖分も含まれているため栄養補給にもなるため、飲みすぎによって急激に体調が悪くなった場合は摂取をおすすめします。さらには、梅干しを食べるというのも昔から有名な二日酔い対策ですが、そのまま食べるのは辛いかもしれません。温かいお茶や白湯に入れてほぐし、一緒に飲むと効果的です。

ただ、アルコールを飲み過ぎた場合には、嘔吐してしまうこともあります。実際、嘔吐するということは医学的には究極ともいえる「生命維持装置」とも考えられているようです。最終手段としては致し方ないのかもしれませんが、強制的に吐くような真似は食道を傷めてしまう原因にもなります。過剰なアルコールを排出するためにやむを得ない場合はともかく、無理に繰り返して吐くことは避けるべきと考えられます。


【佐藤 浩明:消化器内科専門医】


写真・図を含む元記事はこちら>>


■JIJICOとは?
専門家サイト『マイベストプロ』が開設する専門家による時事ネタコラムサイトです。