写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京・六本木に2016年3月、「スヌーピーミュージアム」が開館することが28日、明らかになった。

スヌーピーファンの聖地と言われるシュルツ美術館の世界初のサテライト(分館)となる同ミュージアムでは、スヌーピーたちが活躍するコミック『ピーナッツ』の原画をはじめ、作者チャールズ・M・シュルツ氏の初期の作品、貴重なヴィンテージグッズ、資料などを6カ月ごとに入れ替えて紹介する。

また、敷地内にはモニュメントや仕掛けを配し、ハロウィンやクリスマスなど季節に応じたイベントを開催。さらに、ミュージアムショップでは限定品やオリジナルグッズを販売するほか、カフェでは『ピーナッツ』にちなんだスペシャルメニューを提供する。

チャールズ・M・シュルツ氏夫人のジーン・シュルツさんは「スヌーピーミュージアムが日本に誕生することは、この上ない喜びです」とコメントを寄せ、「2013年に森アーツセンターギャラリーで開かれた『スヌーピー展』の成功が、今回のプロジェクトのきっかけとなりました」と説明。「日本の方々にスヌーピーが活躍する『ピーナッツ』そのものに、もっと親しんでいただけたらと思います。この漫画の奥深い魅力や、スパーキー(シュルツ氏の愛称)の知られざる横顔に触れることで、スヌーピーや他のキャラクターをますます好きになってくださることを期待しています」と呼びかけている。

なお、同ミュージアムは、2018年9月までの期間限定での開館を予定している。

(C)2015 Peanuts Worldwide LLC