写真提供:マイナビニュース

写真拡大

工学院大学は7月24日、10月18日〜25日の期間にてオーストラリアで開催される世界最大級のソーラーカーレース「ブリヂストン ワールドソーラーカーチャレンジ2015(WSC2015)」に参戦することを発表し、参戦に向けた新型車両「OWL(アウル)」の公開を行った。

WSC2015は、オーストラリア北部のダーウィンをスタートし、南部のアデレードまでの公道約3022kmをソーラーカーで競うレース。参加クラスは大きく搭乗者、車輪数の違いにより、「チャレンジャー」「クルーザー」「アドベンチャー」に分けられ、工学院では今回、4輪で搭乗者が2名以上のクルーザークラスへと参戦する。

同チームの監督を務める同大工学部機械システム工学科の濱根洋人 准教授は、「日本は技術立国を目指しているが、さまざまな技術で海外諸国の方が先んじているものがある。こうした中、世界の先端に触れることができるイベントの1つがWSC2015。世界に工学院大学がすごい、ということを知ってもらえることを目指して活動してきた」とし、学生たちが自らの力で車体の設計・開発・製造を行ってきたことを強調、「世界の学生に負けない、工学院大学のオンリーワン技術を見せることを目指して開発してきた」と意気込みを語る。

実際のプロジェクトとしてさまざまな学部・学科から総勢76名が参加。車両の開発には1年以上の期間をかけ、空力性能や車両性能の向上などが図られてきたという。そうして開発された車両の最大のポイントは4.5m×1.8m×1.0mの車両全体、ドアや梁など含めたすべてを一体成形することで車体強度を向上させた点。また、ボディはカーボンを採用し55kgに抑え、車体重量350kgと軽さと強さを兼ね備えることに成功した。また、2シーター/2ドアの仕様に加え、ダブルバブルルーフやキャノピーではなく幅1.8mのフロントスクリーンを採用することで、居住性の向上も同時に図られている。

さらに、空力抵抗係数(CD値)については、前回の優勝チームであるオランダの車両を上回る値を実現しているとしており、「実際のレースでは、エネルギーマネジメントや空力問題などがポイントになってくる。高速な巡航速度を維持して、他のチームを突き放すことが勝利の鍵となる」(濱根氏)とし、空力へのこだわりを見せる。

なお、クルーザークラスは単に早く走れば優勝ではなく、中間地点でのアリススプリングスでの外部コンセントからの充電(1回)の充電量、搭乗者を乗せた距離、実用面の度合い、といった要素も加味されるが、今回の大会では、総得点の7割がゴールまでの走行時間が占めるということで、搭乗者はより軽量化を図れるドライバーと助手席に座るパッセンジャーの2名(ドライバーは3名交代、パッセンジャーは9名交代体制)での走行を予定しているとする。濱根氏は、「とにかくスピードを重視していきたい」と、勝負にこだわっていく姿勢を強調していた。