Doctors Me(ドクターズミー)- 冷え性なのにのぼせる? 女性に多い“冷えのぼせ" ってどんな症状?

写真拡大

足先は冷えて冷たいのに、顔だけカーッと熱くなり、のぼせたような状態になったことはありませんか? このように、冷え症なのに顔や上半身がのぼせる"冷えのぼせ"は、女性に多いといわれています。今回は、この冷えのぼせについて医師に解説してもらいましょう。

■ 冷えのぼせの原因は?

医学的にはっきりしているわけではありませんが、冷えのぼせは冬の寒い気温や、夏の冷房など、身体が冷える環境の中で起こります。

身体が冷えることで末梢の血行が悪くなり、冷えを感じます。その一方で、自律神経のバランスがうまくとれなかったり、暖房などの外気に対してうまく対応がとれなくなると、上半身や顔にほてりを感じるのです。

■ こんな症状に注意

冷えのぼせの主な症状は、上半身や顔には冷えがないのに、手足が冷たいことです。

人によっては、
・上半身に汗をかきやすくなる
・ストレスや気温などの変化でカーッと熱くなり、大量に汗をかく
・暑くなくても、手のひらや足の裏にしっとり冷たいような汗をかく
といった、身体を冷やすためにでる汗が適切に働かず、冷えを感じることがあります。

また、顔がほてって、頭がぼーっとすることで授業や仕事などの集中力がなくなったり、体調を崩しやすくなることもあります。

■ 温度調整を促してあげよう

冷えのぼせは、身体のなかで温度の調節がうまくいっていない状態です。冷えているところは温め、熱くなっているところは冷やすことで、調整を助けてあげましょう。具体的には、首すじやお腹、足首などは温め、ほてりを感じる時は脇や顔を冷やすようにします。

【医師からのアドバイス】

循環をよくするために、規則的な運動を行うことも大切ですよ。不規則な食事や生活習慣も自律神経の調子を崩す原因となるので、バランスのとれた食事と睡眠を規則正しくとり、ストレスをためないようにすることも大切です。うまく対策をして、冷えのぼせを改善したいですね。