写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士急行は27日、"忍者"をテーマとする立ち寄り観光施設「忍野 しのびの里」を、山梨・富士五湖地域の観光スポットである忍野八海の入り口近くに、今年10月10日(予定)開業すると発表した。

「忍野 しのびの里」は、忍者からくり屋敷、飲食物販棟、茶処、庭園からなる、四季の移ろいを感じられる自然豊かな観光施設。子供や訪日外国人観光客から高い人気を誇る"忍者"を気軽に体験できるとともに、本格的な和風庭園も堪能することができる。

庭園には世界遺産・富士山をバックにシダレザクラや梅といった四季折々の花々が咲き、枯れ山水の庭やお地蔵さんの小道などどこか懐かしさを感じられる日本の原風景が広がる。そして、飲食施設では富士山の伏流水を使って作り上げた地元・忍野村の名物である、そばや豆腐を中心とした日本料理が味わえる。