Uber、中国では「スマホ」を配達

写真拡大

配車だけでなく配送事業への参入姿勢を強めている「Uber」が、中国のスマホメーカー・シャオミ(Xiaomi)との提携を発表した。中国では配車・配送市場をめぐって、激しい競争が繰り広げられている。

「Uber、中国では「スマホ」を配達」の写真・リンク付きの記事はこちら

シャオミ(Xiaomi)のフラッグシップモデルとなるスマートフォン「Mi Note」の、シンガポールとマレーシアにおける正式発売日は7月28日(現地時間)だ。しかし両国では、Uber社のおかげで、Mi Noteを1日早く入手することができるようになっていた。

ユーザーは、「Uber」で配車を頼むのと同じように、同アプリからMi Noteを注文することができる。支払いはクレジットカードで行われ、注文者のもとにUberのドライヴァーがMi Noteを届けるのだ。

Uber社が珍しいものを配達するのは、これが初めてではない(これまでにも、クリスマスツリー子猫を届けた事例がある)。それでも、今回の両社のコラボレーションは興味深い。シャオミの本拠地である中国では、配車という新市場の競争が激化しているからだ。

関連記事Uber、10分以内に「料理」を届ける

中国では、Uberと中国国内の巨大な競争相手「嘀嘀快的(Didi-Kuaidi)」とが、配車アプリの中国トップをめぐって熾烈な競争を繰り広げている。そしてこの競争には、中国の各テクノロジー企業も参加している。Didi-Kuaidiには、中国をリードするインターネット企業、アリババとテンセントの2社が味方する。対してUber社は、「中国のグーグル」ともいわれる検索大手バイドゥの協力を得ている。

シャオミは、評価額トップの新興企業のひとつであり、その額はUber社をわずかに上回っている。シャオミの主要製品はスマートフォンだが、よく比較されるアップルとは違って、シャオミはスマートフォンで稼いでいるわけではない。インターネット企業であるシャオミの売上の中心は、ユーザーがさまざまなものの購入ができるようAndroid OSに組み込んだ、ソフトウェアサーヴィス「MiUI」だ。シャオミはこのMiUIによって、鉄道の乗車券や映画のチケット、病院の予約まで、あらゆるものをスマートフォン上で提供することができる。配車の注文も同様だ。

今回の提携が、UberがMiUIの配車サーヴィスに選ばれたことを意味するのなら、Uberは中国において大きな地位を築くことができるだろう。

TAG

ChinaSmartphoneUberWIRED USXiaomi