U−15日本代表、久保建英らのゴールで逆転勝利…タイ遠征3連勝

写真拡大

 タイ遠征を行っているU−15日本代表は、27日にU−18チョンブリFCと親善試合を行った。

 7月20日からタイ遠征を行なっているU−15日本代表。2連勝で迎えた3戦目は、タイ国内全国大会で何度も優勝している強豪、U−18チョンブリFCに挑んだ。

 日本は開始1分に失点したものの、10分、カウンターからMF菅原由勢のパスに抜けだしたFW中村敬斗が同点ゴールを奪い、試合を振り出しに戻す。18分に再び失点しリードを許したが、その後しばらく続いた劣勢の時間帯をGK谷晃生のファインプレーなどで乗りきった。

 後半に入ると、一転して攻撃陣が爆発。63分、途中出場のFW久保建英がサイドから中央に入ったパスを受け、ディフェンスをかわして右足で流し込み同点に追いつく。82分にはFW宮代大聖が右サイドから強引にシュートを突き刺し、逆転に成功。アディショナルタイムには、ゴール前での間接FKから瀬古歩夢が豪快にダメ押し点を奪い、4−2で勝利。タイ遠征3連勝を飾った。

 個人技から同点ゴールを決めた久保は、JFAの公式サイトを通して「勝てたことは良かったが、内容的に課題も多く、チーム全体でまだまだ改善できることが多く見つかった」とコメント。「フィジカル面で勝る相手にどのようにドリブルを仕掛けるか、今後の課題であり、もっと上手くなりたいポイント。どんな相手からも得点できるようにトレーニングしたい」と課題も挙げている。

 また、4点目を奪った瀬古は「個人としては、トレーニングで学んだリズムあるパスや相手より内側に入りインターセプトすることはできたと思うが、相手にパスを奪われてしまうなどプレー1つと1つの質は改善する必要があると感じた」と話し、菅原は「今回の遠征で、普段経験できない環境やピッチコンディション、レフェリングの中でAFC U−16選手権予選を想定した戦いがどうできるか、日々学んでいる」とコメント。それぞれが今回の遠征を通して、多くの収穫を得ているようだ。

 なお、U−15日本代表のタイ遠征は29日までで、最終日にはU−18SCGムアントン・ユナイテッドと親善試合を行う。

【スコア】
U−15日本代表 4−2 U−18チョンブリFC

【得点者】
0−1 1分 失点(U−18チョンブリFC)
1−1 10分 中村敬斗(日本)
1−2 18分 失点(U−18チョンブリFC)
2−2 63分 久保建英(日本)
3−2 81分 宮代大聖(日本)
4−2 90+1分 瀬古歩夢(日本)