全英の無念を晴らす2勝目で世界ランク4位浮上!(Photo by Cliff HawkinsGetty Images)

写真拡大

<世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、「RBCカナディアン・オープン」を制したジェイソン・デイ(米国)が9位から4位に浮上した。

 首位のローリー・マキロイ(北アイルランド)他ベスト3は変わらず。松山英樹は前週と変わらず15位をキープしている。日本勢で松山に続くのは3つ順位を下げた岩田寛の95位。2桁にランクしているのは2人のみという惨状だ。

【男子世界ランキング】
1位:ローリー・マキロイ(12.41pt)
2位:ジョーダン・スピース(11.53pt)
3位:バッバ・ワトソン(7.49pt)
4位:ジェイソン・デイ(7.02pt)
5位:ダスティン・ジョンソン(6.65pt)
6位:ジム・フューリク(6.55pt)
7位:ジャスティン・ローズ(6.39pt)
8位:リッキー・ファウラー(6.36pt)
9位:ヘンリック・ステンソン(6.09pt)
10位:セルヒオ・ガルシア(5.60pt)
14位:松山英樹(4.36pt)
95位:岩田寛(1.63pt)
111位:小田孔明(1.49pt)
203位:石川遼(0.87pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
未来の我が子にも語りたいJ・デイの「僕の日」【舩越園子コラム】
松山英樹、最終日は魅せた!国内外最多10バーディ奪取
49歳のベテラン・マークセンが逆転でツアー通算5勝目!強さの秘訣は…
最新ギア情報続々アップ中!『ギア情報』
センチュリー21レディスゴルフトーナメント公開中『LIVE PHOTO』