SMAP・中居正広 収録中に公開説教「上の人が見たらどう思うんだろう」

写真拡大

27日深夜放送の「UTAGE!」(TBS系)で、司会の中居正広保田圭、HKT48指原莉乃、AKB48峯岸みなみに公開説教をする場面があった。

この日の番組は「UTAGEMY賞」と題し、2015年上半期の傑作パフォーマンスを紹介した。その中では、落選となった保田、指原、峯岸、小笠原茉由のセクシーガールズチームによるKARA「ミスター」のパフォーマンスも取り上げた。落選理由は、一番の売りであるセクシーさが上手く伝えられなかったためだとか。

今回の放送では、保田、指原、峯岸が前回のリベンジとして、少女時代「Gee」をパフォーマンスすることになった。

開始前に中居が「E-girlsとか見てるからね」とプレッシャーをかけると、保田が「目をつぶっといて下さい」とこぼすなど早くも弱気だった。

いざパフォーマンスとなると、保田のパートからスタジオで失笑が漏れ始めた。曲が進むにつれ、保田の歌声は不安定になっていく。ハードなダンスのためか、保田は息切れが激しくなり、歌声よりも息する音ばかりが聞こえてくる事態に。

曲が終わった瞬間、保田はその場で「ホントにごめんなさい」と土下座した。中居が「息しか聞こえねぇから」とツッコミを入れると、保田本人も「放送するのやめて欲しい」と懇願していた。

中居は前回以上に低調に終わったパフォーマンスについて、「芸能界ヤバイかもしれないな」と業界全体の問題としてとりあげ「上の人とか見たら、どう思うんだろうね」と苦言を呈した。さらに「今までずっと音楽を大事に歌ってきた人とか、ダンスをすごくちゃんとしてきた人とか、どう思うんだろうね」と問題提起していた。

E-girlsのAyaも、もし自身の後輩が今回のようなパフォーマンスをした場合、「ブチギレ」だとコメント。中居は最後に「オンエア見てください」と冷たく言い放ち、保田、指原、峯岸に反省を促していた。

【関連記事】
中居正広がKis-My-Ft2横尾渉の歌声に脱帽「日本歌謡史上初めて」
徳永英明が舞祭組の歌う「Rainy Blue」に理解示す「気持ちは伝わったからいいよ」
中居正広がKis-My-Ft2・北山宏光の歌を称賛「今後あるんじゃない?バラード一曲を1人で歌うなんていうのも」