太陽の下で音楽を、月の下で映画を堪能 『湖畔の映画祭』 本巣湖畔にて

写真拡大

8月1日(土)と2日(日)の2日間、山梨県の本栖湖にて、野外イベント『湖畔の映画祭』が開催される。

このイベントは、千円札に描かれた“逆さ富士”の絶景で知られる本栖湖畔にて、映画の上映、ライブ、屋台、キャンプなどを楽しめるアウトドアイベント。会場となる本栖湖キャンプ場には映画祭専用のテントゾーンが開設され、太陽の下でライブを楽しみ、月の下で映画をみる“大自然のなかの文化祭”が展開される。

会場では、永遠の名作『スタンド・バイ・ミー』、第一回「松田優作賞」グランプリ脚本を映画化した『百円の恋』、ゆうばり映画祭グランプリ作品『メイクルーム』、パンクバンド「ニューロティカ」のイノウエアツシを追ったドキュメンタリー『あっちゃん』ほか、インディペンデント映画を中心に上映。美しい景色と湖畔の涼風を感じながら、映画や音楽を堪能できるイベントとなっている。

『湖畔の映画祭』は2015年8月1日〜2日(2日はオールナイト上映)、本栖湖キャンプ場にて開催。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです