写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○泡立てネットだけでなく手の使い方もポイント

泡洗顔が注目されているようですが、安い洗顔料でも、キメ細かい泡で優しく洗顔すれば毛穴の汚れをキレイに落としてくれるハズ……と信じて、今回はキメ細かい泡を作る方法を紹介します。

用意するものは洗顔料と泡立てネット。洗顔料はお手ごろ価格のものでOKです。泡立てネットも手元になければ、野菜などが入っている網ネットで代用してもかまいません。

まず泡立てネットを水で濡らし、そこに洗顔料を適量出して泡立てます。

ポイントは、ときどき水を数滴加えながら泡立てることです。泡が落ちないように気をつけて、手の甲についた泡を取りながらできるだけたくさん泡を作りましょう。

ネットから泡を集め取ったら、手のひらのクボミでさらに泡立ててもいいでしょう。泡立ちが足りなければ、適宜水を加えてください。

このままではまだ「キメが粗い泡」の状態なので、仕上げに手のひらで強くこすり合わせます。だんだんキメが細かくなり、弾力が出てくるのがわかると思います。

泡を集めながらこの方法を何度か繰り返すと、手のひらを下に向けても落ちない泡になります。

コツをつかめば、こんもりと手のひらいっぱいの泡が作れるようになるはずです。肌触りの良い泡で優しく洗顔すると……気持ちいいです。

安い洗顔料でキメの細かい泡を作る方法

執筆:ぷりりん
小学生の息子がいるアラフォー主婦。テレワーカーとして家でぼちぼち仕事をしています。プライベートでは、ボクササイズやソフトバレーボールでストレス発散! ついでにダイエット&老後の転倒防止もねらっています。

本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。

(ぷりりん)