実は男性ファンもいる! “ジャニヲタ男子”4つの特性とは
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 野球ファンの女子が増えているそうです。広島カープは“カープ女子”、読売ジャイアンツは“G-Jo”など女性ファンの愛称もあり、各チームとも歓迎ムードで女子を受け入れています。

 昭和なら「女だてらに野球好きなんて、男勝りのゴツイ子なんだろう」的なイメージがありましたが、今は昔。平成の現代、球場を闊歩するのはキュートで可愛い女性たちです。

 ショートパンツにユニフォームを羽織って、はじけるように声援を送る姿はとても華やか。選手のテンションも上がろうというものです。

◆ジャニヲタ男子とは?

 さて、野球女子が“男の園に舞い降りた天使”なら、ジャニヲタ男子は“女子の楽園に遊ぶそよ風”のようなもの。

 女性から見れば、ジャニーズの魅力を共有できる男性は好ましいし、タレントさんにしても応援してくれる同性はとても心強い存在です。コンサート中、好きなジャニーズが「ああ! 今日は男の人もいっぱい来てくれてる!」なんて頬をゆるめると、思わず知らない男子の手を握りたくなったりもして。

 では、“ジャニヲタ男子”ってどんな人たちなんでしょう?

 ジャニヲタ男子は、“シャイでオシャレでクールで熱い!”人たちです。

 女の子ウケを狙って「ジャニーズ好きだよーん!」とか言ってるなんちゃってヲタとか、付き合いでコンサートに来た男性と“真・ジャニヲタ男子”が大いに異なるのは、この4つの特性を備えている点です。

◆シャイ

 照れ屋さんで優しく、基本的には女性のフィールドだと認識しているので、コンサート会場でも紳士的な振る舞いをされる方が多いです。また、一方的にまくしたてるなど傍若無人な物言いをする方はあまり見かけません。

◆オシャレ

 最大のポイント! ジャニヲタ男子さんは、清潔感があってオシャレな人がほとんどです。好きなジャニの髪型やファッションをリスペクトしつつ取り入れたり、女子には大きいグッズのTシャツも、小粋に着こなしてみせます。

◆クール

 男性らしく冷静なまなざしで、ジャニーズやまわりの状況を見つめられる方が多数だと思います。女子にはありがちですが、ついつい思ったことをなんでも言っちゃう! 的な軽やかさは少なめ。

◆熱い!

 好きなジャニにはたぎるような熱い思いをお持ちでしょうし、時には乙女の目線でジャニの魅力を楽しむ柔軟性もあられます。熱さをモロ出しにできる場では思いっきり開放しますが、TPOはきちんとわきまえておられます。

 “野球女子”と違ってイメージ像がつかみにくいのがジャニヲタ男子。

 ともすれば、「変わった人たちなんじゃ……」と思われがちですが、それはゆがんだ見方です。コンサート会場で「あのカッコイイ人、誰かの彼氏かな?」と思ったら、ひとりで観に来たジャニヲタ男子だった、なんてことも。

 この夏も、ジャニーズのコンサートは目白押し。さらに素敵なジャニヲタ男子が増えることを、願ってやみません。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。著作に『ジャニヲタあるある+』『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)、『ジャニヲタ談話室!』(イースト・プレス)、『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『パンダフルワールド』(アスペクト)など。『Gina』(ぶんか社)にて、「だてにジャの世は見てねぇぜ! ジャニヲタ魂!!」連載中。ジャニヲタ歴は、約20 年。グループを問わず応援する”事務所担”。mixiコミュニティ”ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru

●公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』

●イラストレーター二平瑞樹の育児マンガ「にひパパの育児絵日記」

●マスコットキャラクター『クマる君』のLINEスタンプ発売中!