Doctors Me(ドクターズミー)- 犬にNG食べ物リスト!〜肉・魚編〜

写真拡大

食べないほうがいい肉や魚類は!?

ワンちゃんは基本肉食であり、野菜や果物も食べますが、やはりお肉や魚が大好きです。普段はドッグフードを食べている子がほとんどですが、身近な肉や魚を食べる機会もあるかと思います。今回はワンちゃんに悪影響を与える可能性がある肉魚類をご紹介します。

生卵の白身

白身に含まれるアビジンが、ビタミンB群の1種であるビオチンを破壊するため、長期に渡り食べ続けると、ビオチン欠乏症になる可能性があります。ビオチンは皮膚の健康を保つビタミンなので、欠乏症になるとアトピー性皮膚炎や毛のツヤがなくなるなどの症状が見られるようになります。加熱すればアビジンは失活しますので、火を通して与えれば問題ありません

生の甲殻類、貝類、イカ、タコ、淡水魚

生の甲殻類、貝類、イカ、タコ、淡水魚には、ビタミンB1を破壊するチアミナーゼが含まれており、大量に生で摂取するとビタミンB1欠乏症になる可能性があります。症状としては食欲不振や嘔吐、ふらつきが見られ、重度になると痙攣や昏睡に至ります。加熱すればチアミナーゼは失活するため、火を通せば問題ありませんが淡水魚以外は消化が悪く、ワンちゃんには不向きな食べ物です。また、スルメも体内で膨張しやすいため、腸や胃、食道に詰まりやすく危険です。場合によっては内視鏡や手術が必要になります

生の豚肉

寄生虫であるトキソプラズマが含まれることがあるため、感染しトキソプラズマ症になる可能性があります。犬は中間宿主なので、糞便内にトキソプラズマの卵が出ることはありませんが、虫体が筋肉や胎盤を好むため、筋炎や流産の原因になることがあります。もし感染してもほとんどのワンちゃんは無症状ですが注意が必要です。加熱すればトキソプラズマは死滅するので、火を通せば問題ありません

骨は胃液で消化されるため多少摂取しても問題ないのですが、大量ですと、消化不良を起こすため注意が必要です。また、魚の骨や尖った鶏の骨などは喉や食道を傷つけやすく、大きいものは食道に詰まることもあるので、小型犬や、骨を含む魚や肉を食べ慣れていないワンちゃんは気をつけてください。場合によっては薬で吐かせたり、内視鏡や手術が必要になります

まとめ

このように、肉や魚がワンちゃんに思わぬ事態を引き起こすことがあります。とはいえ、やはり肉や魚はワンちゃんにとってはごちそう。与えても問題ないものを選んで食べさせてあげてくださいね。