原発事故による強制避難を嫌がり102歳が自殺 東京電力を遺族が提訴

ざっくり言うと

  • 11年4月、原発事故による強制避難を前に当時102歳だった男性が自殺した
  • 遺族が6千万円の賠償を東電に求め福島地裁に提訴することが27日、分かった
  • 男性は「避難したくない。ちょっと長生きしすぎた」と話していたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング