Doctors Me(ドクターズミー)- その不調、夏風邪じゃなくて寒暖差アレルギーかも!?

写真拡大

寒暖差アレルギーと聞いてどんな病気を思い浮かべるでしょうか?
花粉症のような症状や、じんましんなどを連想する方もいらっしゃるかもしれませんね。この夏の時期、寒暖差アレルギーはまるで夏風邪のような症状を呈することが知られています。

今回はそんな寒暖差アレルギーの原因と対策について、医師に解説していただきました。

■ おもな症状と原因は?

【寒暖差アレルギーのおもな症状】
・粘りのない透明なさらさらした鼻水が出る
・原因不明の咳が長く続く
・鼻づまりのような症状が続いていてすっきりしない

寒暖差アレルギーは、たとえばクーラーの効いた室内と、灼熱の屋外の出入りをすることなどにより症状が出ることが多いとされています。もちろん寒冷地では反対に、真冬の屋外とホカホカの室内の温度差で起こることもあります。
医学的には血管運動性鼻炎と呼ばれるもので、鼻の奥の血管が大きな温度差によって刺激され、暖かさで緩んで太くなったり、急激な寒さでキュッと収縮したりすることによって起きると考えられています。

花粉症などとは異なり、「これを避ければよい」といったアレルゲンがないので、厄介といえば厄介です。

■ 寒暖差アレルギーと花粉症などとの見分け方は?

寒暖差アレルギーは、大きな温度差に自律神経による体温などの調節機能が追い付かなくなることが原因と考えられています。このことから鼻水や鼻づまりの症状に加えて、倦怠感やイライラ、不眠、食欲不振、人によってはじんましんといった症状も現れてきます。
ただ、花粉症や動物の毛などのアレルギーとは異なり、目が真っ赤になったりかゆみが出たりすることは通常ないので、この点が一つの鑑別点といえるかもしれません。

【医師からのアドバイス】

寒暖差アレルギーは7度以上の温度差で出やすいと考えられているので、衣類やマスクなどで温度調節をする、筋力アップをして血の巡りを良くする、といった心がけで症状が軽減する可能性があります。

寒暖差アレルギーの疑いがあると思われた方は早めに医療機関を受診してくださいね。
鼻水や鼻づまりなど鼻の症状がメインなら耳鼻咽喉科というように、症状が強く出ている部分の専門科を受診すると、適切な治療が受けられます。