イヌリンという名前の栄養素を知っていますか? きくいも、ごぼう、にら、チコリ、たんぽぽなどキク科の植物の地下茎や根に含まれます。そのためイヌリンを積極的に摂取できるごぼう茶に注目が集まっています。血糖値を下げて糖尿病予防になると注目の成分。ダイエットにも効能があるといわれるイヌリンがどんな成分か、くわしく見ていきましょう。

イヌリンは腸内環境を整える

イヌリンは多糖類の一種です。多糖類は糖質の最小単位である単糖や単糖誘導体が結合した高分子化合物。消化性多糖類もありますが、イヌリンは消化酵素で消化されない難消化性多糖類です。体には吸収されずにほとんどが排出され、腸内では水分を吸収するので、水溶性食物繊維に分類されます。腸内細菌によって分解されたイヌリンはフラクトオリゴ糖になり、腸内の善玉菌がエサにして増えることで腸内環境が整うのです。イヌリンは糖質ですが体内に吸収されませんし、腸のはたらきが活性化して便秘解消になるので、ダイエットにも効果的です。

糖尿予防にはイヌリンが効果的

イヌリンが小腸でゲル化することで、胃から小腸へ食べものが運ばれるのに時間がかかり、糖質の吸収速度も遅くなるので、血糖値の上昇が緩やかになります。血糖値が急に上がる場合にはインスリンの分泌が活性化し、十分分泌されない場合に糖尿病になることも。しかし、イヌリンを摂ることで血糖値が調整されて糖尿病を予防します。

イヌリンを野菜から摂るには?

イヌリンの含有量は、菊芋がもっとも多いのですが、スーパーや八百屋さんではあまり見かけませんね。手に入りやすい野菜では、ごぼう、にらのほかにもたまねぎ、ニンニクにイヌリンが含まれます。煮物や炒め物として手軽に調理できますので、ダイエットや糖尿病予防をしたい人、便秘に悩む人は、ぜひこれらの食材を選んでメニューを考えましょう。ごぼう茶はイヌリンが豊富なので、食事のときに飲むと効果があります。ぜひ試してみてくださいね。


writer:松尾真佐代