Doctors Me(ドクターズミー)- 好奇心旺盛なペットの誤飲、誤食に注意!

写真拡大

人間の食べ物で命に関わる場合も!

おうちの中でワンちゃんを放し飼いにしている場合、飼い主が寝ている間、目を放した隙、留守中など、あらゆる状況で誤飲や誤食が起こる可能性があります。ちょっとしたイタズラのつもりが、命に関わる事態になることも……。食品でも、以下のものは食べさせてはいけません。

・タマネギ、ネギ類
赤血球が破壊されて貧血になります。たまねぎを入れたすき焼きや肉じゃがなどの汁は濃縮されていて危険です
・チョコレート
小型犬ですと、板チョコ1枚くらいで中毒になることがあります。
他に、キシリトール、レーズンなどもダメです。

こんなにある! 誤飲の事例とその症状!

食品ではなくても、身近にある小さなものなら、何でも口に入れてしまう可能性はあります。とくに気をつけて欲しいものは以下のもので、もしも飲み込んでしまった場合はすぐに病院へ連れて行きましょう。

・電池
ボタン電池は胃腸にとどまると、腐敗して内臓をやぶいてしまいます
・針、釣り針
とくに釣り針は返しがあり、引っかかりやすく危険です。縫い針は糸が付いていると絡まることもあります。
・串、楊枝
焼き鳥などの串を食べてしまう事故があります。
・ストッキング
消化しにくく腸に詰まりやすいです。

猫のいたずら報告が多いのはビニール袋などの袋、糸や紐などです。糸などの端が口から出ているからと引っ張ると、胃や腸に絡んでいることもあるため、注意が必要です。

これらのものは、尖ったものは別として、誤食してすぐなら薬を使って吐かせたりします。
飲み込んでから時間が経ってしまって、何らかの症状があるようなら、内視鏡を使って取り除いたり開腹手術をすることもあります。他にも、タバコは小型犬の場合、2〜3本食べるとニコチン中毒をおこす可能性がありますし、人用の薬は、ワンちゃんや猫ちゃんは人に比べて体重が少なく、薬の量が多すぎてしまうため、危険です。これらは、吐かせたり点滴などをして入院になることがあります。

様子を見て、いつもと違うようなら病院へ!

ワンちゃん、ネコちゃんは、使用済みのティッシュなどを食べてしまうこともあれば、時には、木や石をお散歩中などに口にしてしまう子もいます。また、布、ぬいぐるみやタオルを破いて食べる場合もあります。ネコちゃんは、誤食は多くはありませんが、紐が好きなので注意が必要です。舌がざらざらしているため、絡みやすいからです。
ワンちゃんで、口にものを入れることが好きな性質なのは、ゴールデン・レトリバー、ラブラドールレトリバー、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークや好奇心旺盛なチワワやミニチュアダックスで、その性格が災いしてとくに事故が多いので注意が必要です。誤食癖のある子は何度も繰り返すことがあります。
大切な家族のためにも、おうちに危ないものがないか確認してみましょう。