疲労回復に効果のあるクエン酸を頭皮ケアに使う人が増えています。クエン酸は果実由来の安全な成分。頭髪のキューティクルを引き締めて、髪をツヤツヤにする効果があるのです。

クエン酸リンスってどんなもの?

クエン酸はレモンやミカン、梅干しなどの酸っぱい成分です。疲労回復や血行促進などの健康効果で注目されたり、お掃除の場でも大活躍です。クエン酸には、古くなった角質を取り除く効果や肌を白くする効果もあるので、美容の場でも注目されています。クエン酸を配合した化粧品なども増えていますが、最近では、頭皮トラブルに悩む人の間で、このクエン酸を配合したクエン酸リンスが話題になっています。

気になるクエン酸リンスの効果は?

市販されているシャンプーの大半が弱アルカリ性です。シャンプーで洗った後の髪や地肌は弱アルカリ性に傾きますが、クエン酸リンスを使うことによって弱酸性に戻し、正常化することができます。この時、髪はキューティクルが開いた状態です。これは、髪にとってはとても無防備で、ほんの少しの摩擦で傷ついてしまいます。クエン酸リンスを使うことで、キューティクルをキュッと引き締めて、髪をダメージから守ることができます。果実由来の成分なので、髪や地肌に負担をかけずに使えるのもメリット。頭皮が敏感な人でも、気にせず使うことができます。

自宅で簡単にできるクエン酸リンス

継続して使うことで、頭皮環境を改善してくれるクエン酸リンス。もちろん市販のものを使ってもいいのですが、実は自宅で簡単に作ることができます。材料は粉末のクエン酸だけ。クエン酸は、薬局やドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。水500mlにクエン酸を大さじ2杯を混ぜてよく溶かしましょう。シャンプーした後に、クエン酸リンスを使えば、髪の毛にツヤが出てしっとりした質感になりますよ。

いかがでしたか? クエン酸の利用範囲はとても広く、入浴剤代わりにお風呂に入れれば、体臭を予防する効果もあります。ぜひ、いろいろ使ってみてくださいね。


writer:岩田かほり