水洗いで粉ゴミが簡単に洗い流せる! (写真は、「VC‐MG900」グランレッドとターコイズブルー)

写真拡大

東芝ライフスタイルは、サイクロン式クリーナーの新製品として、「TORNEO V VC‐MG900」「VC‐MG800」の2機種を、2015年8月中旬に発売する。

「新型ウォッシャブルサイクロン」を採用

ミクロのゴミも99.9%まで分離して、吸引力が99%以上持続する「バーティカルトルネードシステム」の清掃性を高めるため、12気筒のサイクロン部の中まで洗える構造を新たに採用。「新型ウォッシャブルサイクロン」はサイクロンの遠心分離部の中を開ける構造で、長期間の使用後に内部についた汚れも水洗いできる。また、ダストカップには洗濯機の「マジックドラム」と同じ親水性コーティングを採用して、水洗いで粉ゴミが簡単に洗い流せるようにした「マジックダストカップ」を採用した。

モーターケースから微細な塵を逃さない構造を採用したほか、高集塵フィルターを設けることで排気性能が向上し、0.3マイクロメートル以上の微細塵を約99.999%捕塵できるようにした。

また、ゴミの有無を判別する「ゴミ残しまセンサー」を搭載。手元のランプでゴミの有無を確認しながら掃除できるため、細かいゴミが見えにくい、じゅうたんやベッドの下などを掃除するときに、ゴミの取り残しを確認しながら掃除できる。

新設計のボディは、走行時に家具などへの引っ掛かりを軽減できるよう、ガード部の面積を小さく。家具に当たりやすい側面は起毛布を装着した。また、あえて横すべりしやすい新型タイヤを採用することで、壁や家具などに引っ掛かったときも本体がホースに付いて動きやすくしている。

「VC‐MG900」には新たに開発した「電動ふとんブラシ」を付属する。

同時に、0.3マイクロメートル以上の微細塵をフィルターで約99.9%捕塵する「TORNEO V VC‐MG600」を発売。また、「バーティカルトルネードシステム」の採用で「カーボンヘッド」の「TORNEO V VC‐S500」を9月1日に発売する。

色は、「VC‐MG900」が、グランレッドとターコイズブルー。「VC‐MG800」はグランレッドとグランホワイト。「VC‐MG600」はグランレッド、メタリックピンク。「VC‐S500 」はシルキーバイオレット。

いずれも、オープン価格。