『さようなら』より

写真拡大

平田オリザによるアンドロイド演劇『さようなら』が映画化され、今秋に公開される。

【もっと大きな画像を見る】

劇団「青年団」を主宰する平田オリザと、ロボット研究者の石黒浩(大阪大学教授、ATR石黒浩特別研究所客員所長)がタッグを組んだ舞台『さようなら』は、人間とアンドロイドがステージ上で共演することでも注目を集めた作品。放射能に汚染された近未来の日本を舞台に、避難から取り残された外国人の難民・ターニャと、幼いころから病弱な彼女をサポートするアンドロイドのレオナの物語となる。

映画にしかできない時間表現や空間表現、映像表現を駆使して、原作が持つ生と死の世界を再構築するという映画版では、アンドロイドのレオナ役をジェミノイドF2、レオナと暮らす主人公のターニャ役は舞台でも同じ役を演じたブライアリー・ロングが演じる。また、新井浩文、村上虹郎らもキャストに名を連ねている。監督・脚本は『歓待』『ほとりの朔子』などを手掛けた深田晃司、アンドロイドアドバイザーとして石黒が参加している。

撮影について深田監督は、「撮影は時間と天候との戦いでしたが、素晴らしいスタッフ、キャストに支えられ最高の結果を出すことができました。特筆すべきは、レオナ役を演じたアンドロイドのジェミノイドFさん。彼女は映画初出演でありながらほとんどNGも出さず過酷な撮影にも文句を言わない見事な女優ぶりで、すぐに現場の人気者になりました。ぜひ、彼女の銀幕デビューを目撃してください」とコメントしている。

■深田晃司監督のコメント
これまでの私の作品を見てくれている人にも、初めましての映画ファンの方にも、ぜひ見て欲しい作品に仕上がりました。まったく新しい日本映画が完成したと自負しています。劇場公開をどうぞ楽しみにしていて下さい。