『アートドキュメンタリー LOVE 〜写真家レスリー・キーの世界』ビジュアル

写真拡大

レスリー・キーのドキュメンタリー番組『アートドキュメンタリー LOVE 〜写真家レスリー・キーの世界』が、8月13日から女性チャンネル♪LaLa TVで放送される。

【もっと画像を見る】

1971年にシンガポールで生まれ、少年時代に母親を亡くして孤児院で育ったというレスリー・キー。22歳で来日し、90年代後半からファッション写真を中心に活動しているほか、日本のセクシュアルマイノリティーにスポットをあてるプロジェクト「OUT IN JAPAN」などを展開している。

キーの生い立ちや、日本のカップルに「LOVE」を広めるプロジェクト「LOVE IS ON」などを紹介する同番組には、山本耀司、河瀬直美、MIYAVI、MALIA.、EPO、浦浜アリサ、テセウス・チャン、ヒロ杉山、徳山宗孝らが出演。ナレーションは、キーと17年来の友人であるという斎藤工が務める。

■レスリー・キーのコメント
いままで多くのカップルを撮ってきました。私の写真はシンプルかもしれないけど、写真を撮ることで、いつもみんなに愛を与えたい。みんなに勇気を与えたい。みんなに元気を与えたい。みんなに、自分自身のことを愛してほしい。そんなメッセージをこの特別番組に込めました。