左から藤原竜也、有村架純

写真拡大

三部けいの漫画『僕だけがいない街』が実写映画化され、2016年春に全国公開されることがわかった。

月刊漫画誌『ヤングエース』で連載中の『僕だけがいない街』は、自分の意志とは無関係に時間を逆行してしまう現象「リバイバル」によって18年前に遡ってしまう売れない漫画家・藤沼悟が、過去と現在を行き来しながら、小学生連続誘拐殺人事件や母の死などの事件の解決に挑むというあらすじだ。

過去の世界で、当時は気づくことが出来なかった母親の愛情や、同級生たちの優しさに触れる悟役を藤原竜也が演じるほか、悟が心を開くきっかけとなるヒロイン・愛梨役には有村架純、悟の母・藤沼佐知子役には石田ゆり子、不敵な笑みを浮かべる悟の小学校の教師・八代学役には及川光博がキャスティングされている。メガホンをとるのは『陰日向に咲く』『ツナグ』などを手掛けた平川雄一朗。

なお、有村と初共演を果たす藤原は、「大活躍の有村架純さんとの初共演、非常に楽しみにしております。若く才能のある方と組ませていただけることが、今の自分にとって大きな刺激になると思います」とコメント。一方の有村は藤原について「お芝居への熱量がすごく大きな方。私もそんな方の近くで刺激をもらいながらぶつかっていけたらと思います」と語っている。

また原作について藤原は、「『時間を行き来する』特殊な現象に巻き込まれた主人公・悟の複雑な心情をどう演じようか、今から考え始めています」と撮影への意気込みを明かしている。

【もっと大きな画像を見る】

■藤原竜也のコメント
この映画に出演させていただくことが決まり、初めて「僕だけがいない街」の原作漫画を読みました。
読み始めから最後まで、ページをめくる手が止まりませんでした。
早く続きが読みたくて仕方ありません。
「時間を行き来する」特殊な現象に巻き込まれた主人公・悟の複雑な心情をどう演じようか、今から考え始めています。
また、大活躍の有村架純さんとの初共演、非常に楽しみにしております。
若く才能のある方と組ませていただけることが、今の自分にとって大きな刺激になると思います。

■有村架純のコメント
原作を初めて読んだ時、登場人物の家族や友達への思いにすごく胸を打たれました。
タイムリープという非現実な現象がもたらす話ではありますが、
不思議と遠い話ではないなと思えたのは、
登場人物みんなの心情がすごく鮮明に見えたからだと思います。
最初から最後まで主人公と共に心が動き、胸が熱くなる経験をしました。
そんな原作の世界観を壊さないよう、お芝居を取り組めたらと思います。
そんな作品を映像化するにあたって、
私が演じる愛梨が大切にしなければいけないことは、
藤原さん演じる悟に全力で寄り添うことかなと思いました。
信じる力を大切に、愛梨を大切に、演じられればと思います。
藤原さんは、初めてご一緒させていただくのですが、
お芝居への熱量がすごく大きな方だなという印象です。
私もそんな方の近くで刺激をもらいながらぶつかっていけたらと思います。
キャスト、スタッフの皆さんと精一杯頑張ります!

■平川雄一朗監督のコメント
昭和と平成の時間軸を行き来する、数多くの謎が散りばめられたミステリー漫画が原作ですが、その底辺には人々の繋がりや絆が丁寧に描かれているので、そのヒューマニズムを映画では大事にしたいです。
藤原さんには、ダメ人間ながら強い正義感を持つ青年が未来を書き換えていく希望を、有村さんには、夢を追いかける不思議な女性が主人公にもたらす愛を、それぞれが地に足のついた人間として魅力的に表現してもらいたいと期待しています。

■三部けいのコメント
『僕だけがいない街』コミックス発売後、初めて頂いた他メディア化のお話が、この映画化でした。
ホントに実現するとは (笑)。関係各所の皆様に感謝しています。
映画スタッフという新たな育ての親を得て、「僕だけがいない街」がどんな成長を遂げるの か、とても楽しみです!