写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インターナショナルスポーツマーケティングはこのほど、「阪神タイガース球団創設80周年記念ワイン」の販売を、同社が運営するインターネット販売サイト『Sports Memorial Lab.(スポーツメモリアルラボ)』にて開始した。

同商品には、長野県の老舗ワイナリー「信濃ワイン」のぶどうを使用した。阪神タイガース球団創設80周年記念にふさわしい記念商品として、過去5〜6年の中でも最高の出来と評される2013年のぶどうを用いたワインを、特別にたる詰めしたという。

熟成は、しっかりと温度管理を行った地下貯蔵庫で、クラシック音楽を聴かせて行った。できあがったワインは濃縮感があり心地よい渋みがあるのが特徴で、飲むごとに柔らかい味わいが広がるのが特徴とのこと。肉料理はもちろん、特に味の濃い和食(すき焼きや照り焼きなど)との相性が良いという。

包装ケースにはタイガースの金色のロゴを配した。シリアルナンバー付きで、2015本の限定販売となる。価格は1万6,000円(税別)。

(フォルサ)