シニアも安心

写真拡大

ヤマハ発動機は、初めて電動アシスト自転車に乗る人からシニアまで、自転車に乗れる人なら誰でも扱いやすく快適に使える機能が充実したコンパクトな電動アシスト自転車「PAS SION(パス シオン)」2015年モデル2機種を2015年9月21日に発売する。

オートロックスタンドも搭載

「PAS SION」は、シンプルで使いやすい機能と、PASシリーズ中で最も低いサドル高を実現した専用設計の低床フレームを採用し、実用性とデザインを両立させたコンパクトモデル。

「PAS SION-U(パス シオン ユー)」は、足つき性がよくまたぎやすい低床U型フレームが特徴の20型小径モデルで、「PAS SION-V(パス シオン ブイ)」は、直線的でシャープな印象のV型低床フレームを採用した24型コンパクトモデルだ。

いずれも従来モデルに比べて車両重量を軽量化したほか、駐輪時に軽い力でスタンドをかけられ、ロック操作が不要なオートロックスタンドを採用するなど、使いやすさを追求している。

希望小売価格(税込)は、「PAS SION-U」が11万4800円、「PAS SION-V」が11万5560円。