テラフォーマーズに豪華俳優陣、新たに12人のキャストが一斉解禁。

写真拡大

三池崇史監督により実写映画化される「テラフォーマーズ」に豪華キャストが集結した。すでに伊藤英明が主演を務めることは発表されているが、このたび、新たに12人のキャストが一斉解禁となった。

今回発表されたのは、ヒロイン・秋田奈々緒を演じる武井咲、伊藤演じる小町小吉と共に火星で戦う武藤仁役の山下智久、同じく乗組員の蛭間一郎役の山田孝之、そして、火星地球化“テラフォーミング”計画の発案者・本多晃役の小栗旬ら、今の日本映画を支える主演級の俳優陣。

さらに、海外でも活躍するケイン・コスギ、菊地凛子、脇を固める加藤雅也、小池栄子、滝藤賢一ら実力派俳優に加え、AKB48から女優に転身した篠田麻里子、そして、太田莉菜、福島リラの女優陣が彩りを添える。まさに“宇宙級”の豪華で最強のキャストが集結し、巨大プロジェクトに挑む。

絶賛撮影中の三池監督は「受けるのに勇気のいる作品。台本を読んだだけでは画が想像できない程、非日常のエンタテイメントに挑戦している。俳優もこの映画が一体どうなるのか、自分がどういう風にこの映画に映るのか、わからなかったと思う。だからこそ挑戦したいと、“俳優の本能”でそう思って参加してくれたと思う。豪華で最強の俳優陣が揃った」と語る。

また、これだけの俳優陣をキャスティングしたことについて、小岩井宏悦プロデューサーは「ただ豪華なだけでなく、個性的なキャラクターに相応しくキャストのバリエーションも大事にした」とキャスティングの重要性を語り、自信をのぞかせる。

キャスティングの理由に監督は「伊藤英明、そして山田孝之は理不尽なものと戦うのにピッタリ。政府の思惑で何も知らずに火星に行かされ、生き残るために限界まで戦う、そういうキャラクターを演じられるのは彼らしかいない」と語った。

三池組への参加経験があるキャストも多数。「愛と誠」以来3年ぶりの武井、三池組常連である山田、「クローズZERO」以来6年ぶりの参加になる小栗。また、主演の伊藤について、山下は「兄貴分ですので、ついていきたい一心で、自分も悔いが残らないよう燃え尽きたいと思います!」とコメント。滝藤も伊藤に誘われたと明かし、主演自らキャスティングにも参加している。

本作は600年後の火星を描くにあたり、日本映画では初となるアイスランドロケを映画「インターステラー」(2014年)の製作スタッフと合同で行う。撮影は8月、これまでハリウッド映画で主に使用されてきたロケ地で撮影を行う、まさに規格外のプロジェクトだ。

また、ヘアメイク・衣装・セットへのこだわりも並みではない。約100パーツから構成された宇宙服の衣装合わせは10回以上繰り替えされ、世界で一つの宇宙服を制作。同時に、太れない、痩せられない、と俳優陣へ徹底した自己管理が要求された。

そして本作の重要な役割を担う宇宙船のセットは製作に約1億円を投じ、3か月間をかけて原作の世界観を忠実に再現。山下も「日本映画史上まれに見るSF大作になると思う」と拘り抜いた撮影現場を見てコメントしている。

今回は役柄も解禁された。バグズ2号編をベースにした実写化である本作は、すべてのメインキャラクターは原作を踏襲しているが、多国籍で編成されている原作を実写化するにあたり表現を変えている所も。監督は「自分も原作の大ファン。映画を見た原作者の方に、幸せな気持ちになってもらうことが大きなモチベーションになっている」と語る。バグズ2号編を選んだことについて「バグズ2号編は、原作の魅力がすべて凝縮されており、確実に感動することができるエピソードで実写化に相応しかった」と小岩井プロデューサー。

著名人の中でも原作ファンの多い本作。伊藤、武井、山下、山田、小栗、も映画を見る前に原作を読んでいたといい、武井は「映像になると聞いて、テラフォーマーがどんな状態で出てくるのか気になりました」、小栗は地球にいる役のため「最初は火星に行く役で話がきたのかと思ったのですが、そうではなかったので、監督には続編があったら火星に行かせて下さいねと話はしました(笑)」とファンならではのコメントも飛び出した。

映画「テラフォーマーズ」は2016年、ゴールデンウィーク公開。