Doctors Me(ドクターズミー)- わんちゃんの目が真っ赤!チェリーアイにご用心!

写真拡大

チェリーアイってどんな病気?

わんちゃんの目は、上眼瞼と下眼瞼のほか、鼻側に瞬膜とも呼ばれる第三眼瞼があります。第三眼瞼の裏には第三眼瞼腺という腺組織があり、涙を作る機能があります。
チェリーアイはこの第三眼瞼腺が瞬膜の外に飛び出してしまう病気です。飛び出した第三眼瞼腺は様々な刺激を受け、炎症を起こしてしまい赤く腫れ上がってしまいます。炎症を起こし赤く腫れる様子が、果物のサクランボに似ていることから、チェリーアイと呼ばれています。チェリーアイは片目だけ起こることもありますが、両目に起こることもあります。

結膜炎や角膜炎を起こす場合も!

チェリーアイはその見た目からとても痛そうですが、痛みはありません。しかし、この部分が目の結膜や角膜を刺激し、結膜炎や角膜炎を起こすこともあります。また突出した第三眼瞼は正常に働かなくなり、十分な涙が出ない結果、目を潤滑することができなくなり、感染症になりやすくなります。さらに、チェリーアイになったわんちゃんは目を気にして前肢でこすってしまうことで目が充血します。

チェリーアイになりやすい犬種は?原因と治療法は?

先天的な原因だけでなく、目やその周辺に外傷を負った場合や、目の奥に腫瘍ができた場合にもチェリーアイを起こします。若いわんちゃんで見られることが多く、チェリーアイが多く認められる犬種は、アメリカンコッカースパニエル、ブルドック、ビーグル、シーズー、ボストンテリア、ブルテリア、ペキニーズなどです。
チェリーアイの治療は、飛び出している第三眼瞼腺をできるだけ元に戻します。飛び出している部分が小さければ、抗炎症薬の点眼治療が行われますが、再発を繰り返す場合や、飛び出している部分が大きい場合には外科手術により第三眼瞼腺を本来の位置に戻します。慢性の重度のチェリーアイでは、再発を繰り返すことがあり、慢性的な炎症により第三眼瞼腺の機能が低下しドライアイを起こしやすくなってしまっている場合もあります。このような場合、術後もドライアイの治療が必要になることもあります。

このコラムを読んでいる人にオススメの記事

間違った叱り方していませんか?犬の正しいしつけの仕方
ワンちゃんのお留守番時に役立つおすすめアイテム6選!
ペットを旅行に連れて行く際の注意点は? 
初めて犬を飼う際の犬選びのポイントは?