Doctors Me(ドクターズミー)- 日光に当たると肌が黒くなる人と、赤くなる人。この差って一体、なに?

写真拡大

アウトドアが楽しくなるこれからの季節、気になるのが“日焼け”ですよね。あなたはどのような日焼けをするタイプでしょうか。赤くなりますか、それとも黒くなりますか?

今回は、この赤くなる日やけと黒くなる日やけの違いについて、医師に話を聞いてみました。

紫外線ダメージを防ごう!

夏場は真っ黒に日焼けしているのが普通であった昔とは違って、今はシミやしわ、皮膚がんなど紫外線の害が叫ばれ、外に出るときは日焼け止めを塗るのが当たり前になっています。UVカット効果のある商品も帽子やサングラス、化粧品のファンデーションに至るまで、ありとあらゆるものが出ていますね。

実は日焼け後に皮膚が赤くなったり黒くなったりするのには、この紫外線の種類が大きく関係しています。

肌を赤くする紫外線B波(UV-B)

まず、赤くなる日やけについて。これは、紫外線のうちUV-Bという種類のものによって引き起こされることが多いと考えられています。このUV-Bは波長の短い紫外線で、まるでやけどさせたように肌を赤くさせたり、ひりひりした痛みを起こします。色白の人に起こりやすく、「日光皮膚炎」というのが正式な名称です。

日本人であれば、赤くなるタイプの人でも、日やけを繰り返すうちに黒っぽい肌色になってくるものですが、肌を黒くすることで紫外線のダメージから肌を守ってくれるメラニンという色素を生成する能力が低い白色人種では、何度日焼けしても黒くはならないことも多いようです。

シミやしわの原因になる紫外線A波(UV-A)

一方、黒くなる日やけは、メインとしてUV-Aと呼ばれる紫外線が引き起こすといわれています。波長が長く、UV-Bほど肌に対するダメージはないといわれていますが、肌の奥まで到達して将来的にシミやしわをつくる原因になると考えられています。

太陽に当たった後、すぐに黒くなるのは肌の中のメラニン色素が酸化したことによるものが多く、数日たってから黒くなるのはメラニン色素が新たに作られることによるものだと考えられています。

【医師からのアドバイス】

肌を保護するメラニン色素を作りにくい色白で赤くなりやすい肌の持ち主は、より日焼けに注意することが大切ですよ。今年も十分、熱射病や過度な日焼けに気を付けて、元気に過ごしていきましょうね。