「生姜」というと、基本的には冬に食べる食材のイメージがあるのでは? たしかに夏場は暑くなり、熱中症対策ばかりに目が向いてしまいますが、実は自分が思っている以上に、クーラーで体が冷えていたりするんです。クーラーに当たり続けていると、ちょっと気分が悪くなったりもしますよね。冬と同じく、夏も体を冷やしすぎないように工夫する必要があるのです。

真夏にも「生姜」の基礎知識

生姜には主に2種類、健康的な効果をもたらす物質があります。体を温めてくれる「ショウガオール」、そして「ジンゲロール」という免疫力を高める成分が生姜には含まれているのです。ショウガオールは、血行を促進し、脂肪や糖の代謝を高める効果があるといわれており、ダイエットを意識している人には、生姜はオススメの食材。

一方、ジンゲロールは免疫細胞「白血球」を増やし、免疫力を高めてくれるので、生活習慣病を未然に防いでおきたい人にぴったりの成分なんです。生姜は「冬」というイメージが強いですが、夏場も定期的に摂取して、夏の冷え対策をしておきたいところですよね。

美肌にもなれちゃう!

私たちの体は、何もしないでいると、様々なダメージを受け体内に活性酸素が発生します。活性酸素がたまればたまるほど酸化がすすみ、お肌のハリツヤもなくなってしまうのです。生姜には、抗酸化作用があり、その効果は若返りビタミンといわれている「ビタミンE」の3倍もともいわれています。 また、生ショウガには体にとって不要な水分を体外に排出する働きもあり、必要な水分だけ残してくれるので、保湿効果にも期待できます。

夏はクーラーに長時間当たり続けていることが多く、夏の冷え対策にも力を入れておく必要があるのです。わざわざ生姜を購入しなくても、今はチューブタイプのものもあるので、誰でも簡単に摂取できます。体が冷えすぎないように、アレンジしながら生姜レシピを楽しまれてみては?


writer:山口 恵理香