映画『ジュラシック・ワールド』で吹き替えに初挑戦した松岡茉優

写真拡大 (全4枚)

 8月5日から全国公開される映画『ジュラシック・ワールド』に出演しているブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソンと、コリン・トレヴォロウ監督が、7月13日に都内で来日記者会見を開いた。

 会見には、日本語版吹き替えを担当したオーウェン役の玉木宏(35才)、クレア役の木村佳乃(39才)、グレイ役の松岡茉優(20才)も出席し、4人の来日を歓迎した。

 今回が吹き替え初挑戦だった松岡だが、担当したのはタイ・シンプキンスが演じた、グレイ少年。収録中はずっとタイ・シンプキンスの口元を見ていたとのことで、「初恋の人に会ったみたい」とドキドキの告白をした。

撮影■浅野剛